200V電源は偉大なり ~集塵機とテーブルソーの電源を100Vから切換~

 100Vでも200Vでも使えるテーブルソーを購入した後、同じく100Vでも200Vでも使える集塵機を選択したのは、この2台を200Vで動作をさせるという意図があってのことでした。
今回、100Vから200Vへの切り替え作業を行いましたので、報告します。


■ 200V電源を母屋から工作室へ

200V電源は母屋の工房のA/C用コンセントを延長します。
このコンセントは溶接機用に200Vのコンセントを付けていましたが、このコンセントを外し、壁の反対側、書斎の壁に通し、使っていないA/C用ダクトを通して、ケーブルを外に出しました。

ケーブルは溶接機の電源を取るために使っていたもので、23Aの容量があります。

IMG_5210_convert_20170605203211.jpg IMG_5222_convert_20170605203802.jpg

書斎の壁から外に出したケーブルは、工房の外壁を巻くようにして、工作室へ空中配線します。
空中配線は、緩く張ったワイヤーに吊り下げるようにしました。強風対策です。

IMG_5223_convert_20170605202904.jpg IMG_5225_convert_20170605203012.jpg

IMG_5224_convert_20170605202948.jpg IMG_5228_convert_20170605203045.jpg

工作室のポーチの屋根下を這わせたケーブルはそのまま外壁を貫通させて、工作室に入り、ブレーカに接続します。
ブレーカは2回路あり、ひとつは集塵機&テーブルソー用。もうひとつが溶接機用です。

IMG_5226_convert_20170605203110.jpg IMG_5227_convert_20170605203133.jpg

IMG_5206_convert_20170605202742.jpg IMG_5201_convert_20170605202611.jpg


■ 集塵機とテーブルソーを100Vから200V仕様に変更

この写真は集塵機の電源入力部ですが、電線の接続は撚線をオレンジ色のキャップの中にねじ込む方式ですので、簡単に配線の変更が可能です。
テーブルソーも全く同じやり方で配線を変更します。

IMG_5200_convert_20170605202527.jpg IMG_5199_convert_20170605202550.jpg

工作室内のテーブルソー側の板壁に、テーブルソーに200Vのコンセントを取付け、その右に集塵機用の起動ボタンを配置しました。
テーブルソーの起動ボタンは右下にありますので、集塵機とテーブルソーの起動ボタンが近いので、

集塵機ON⇒テーブルソーON⇒テーブルソーOFF⇒集塵機OFF

という操作が、スムーズに行えそうです。

ヨシヨシ、いい感じ。

IMG_5218_convert_20170605203240.jpg IMG_5217_convert_20170605203309.jpg

■ 使ってみると

100Vに比べて、立ち上がりが早く、パワフルのように感じます。
下の写真は集塵機の起動前後のものですが、右側の空気抜きの袋の膨らみが、100Vに比べて若干、いや確実に大きく膨らんでいます。

IMG_5202_convert_20170605202638.jpg IMG_5205_convert_20170605202708.jpg

また、テーブルソーの立ち上がりが、

ウィ~~ン ⇒ ウィーン

という感じになり、動きに余裕を感じます。
特に100Vの電源を使っていたときは照明用の電源と共通でしたので、起動時に一瞬照明が暗くなるという、実に心許ない状態でしたので、それが無くなってうれしい限りです。

■ 集塵ダクト

集塵ダクトは付属の2MにL字の接続管で5Mを継ぎ足しました。
わざわざ長いダクトをテーブルソーの周りにトグロ巻きにしているのは、訳があります。

出来れば自動カンナと丸ノコにも集塵機を接続したいのですが、ダクトを引き回すと狭い工作室がますます狭くなりますので、この2台は集塵機に接続しないで使います。
そうしますと使う度に、切屑や木粉が周りに飛びますので、使用後にテーブルソーからダクトを外して、集塵するというわけです。

IMG_5215_convert_20170605203334.jpg IMG_5214_convert_20170605203406.jpg

IMG_5211_convert_20170605203429.jpg IMG_5212_convert_20170605203453.jpg


■ 溶接機の電源

溶接機用には工作室内に設置したブレーカから、レンガ壁の上を通してガレージ内に下して、電源プラグは床に転がして使います。
電源ケーブルはもともと母屋から引き出していたものを切断して使っていますので、間にブレーカが入っただけで、トータルの長さには変化がありませんので、電圧降下の心配は無いと思います。

これで、溶接の度に電源コードを母屋から引いてくるという面倒なことをせずに済みます。

IMG_5207_convert_20170605203622.jpg IMG_5208_convert_20170605203652.jpg

IMG_5209_convert_20170605203715.jpg


(注)私は電気工事士の資格を持っています。(念のため)

もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる