プラズマ切断用作業台を作る

 アイアン細工をする上で不可欠な、プラズマ切断機用の作業台を作成しました。

最近、溶接から遠ざかっていたせいか、溶接の腕が結構落ちていたののショックでしたが、溶接部が熱で変形してしまうという溶接の付き物の難題を実感したのは、成果だったのかも知れません。


■ 材料は3mm厚平板

材料は、ご覧の通り3mm厚の軟鋼平板です。
枠用の平板は5mmほど幅広にしているのがミソです。

IMG_3445_convert_20160710215525.jpg


■ 溶接と塗装

外枠は25mm、中は25mmの平板を順番に溶接していきました。
溶接により、内側に若干の曲がりが出来るのと、長さが微妙に違っていたために中央付近の板が曲がってしまいました。

IMG_3447_convert_20160710215626.jpg IMG_3450_convert_20160710215719.jpg

中央に5mm径の丸棒を通し、幅を修正しながら溶接。
錆止めに黒のスプレー塗装。

車のスチールホイールに乗せていますが、実際の使用時にも、このようにして使います。
枠を5mm広い平板を使用したのは、脱落を防ぐためでした。

IMG_3453_convert_20160710215833.jpg IMG_3456_convert_20160710215901.jpg

アース端子として、ネジ穴を切りネジを取り付けて、完成です。

IMG_3459_convert_20160710215925.jpg IMG_3460_convert_20160710215944.jpg


■ 試し切り

プラズマ切断機はSUZUKID製のAPC-15、中古品をヤフオクで購入しました。(左側)
跳ね上げ式作業台の下のスペースに溶接関係の機材を配置しています。

IMG_2421_convert_20151115214719.jpg

角パイプ、平板を試し切り。
APC-15という装置は板厚4mmの軟鋼を切断する性能があるはずですが、切れ味が今一つのように感じます。
数字とアルファベットを切り抜いた平板は1.6mm厚ですので、余裕で切断できるはずなのに、切り残しが出来ています。
それほど早い速度では無いのに、完全に貫通できていません。
電源は母屋から10mの電源ケーブルを引いているのですが、容量不足?
それとも他の要因?

IMG_3461_convert_20160710220038.jpg IMG_3463_convert_20160710220115.jpg





もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど

このメッシュ作業台の上に材料を置くとアースしなくても切断可能になる訳ですね。プラズマカッターいいな~。しばらくはそっちにはお金回らないしなぁ。スズキッドのプラズマもコンプレッサー別に必要なんですか?

いよいよ(^o^)

文字の切り抜きが出来そうですね。
古民家の表札を頼もうかなぁ?

溶接関係は全くのド素人ですが、
切れが悪い部分は、もしかしたら
作業台の鉄板に触れる部分では?
そこで熱が逃げるのでは?

Re: なるほど

> スズキッドのプラズマもコンプレッサー別に必要なんですか?
やっぱり必要ですねー

コンプレッサーの有効活用が出来て良かったです。
今後は木と鉄を組み合わせた作品をどんどん作りますよ!

Re: いよいよ(^o^)

> 文字の切り抜きが出来そうですね。
> 古民家の表札を頼もうかなぁ?

素人大工さん、
そんな大切なところは、自分で作るしかナイデショ!
どうぞ、お使いください。

>
> 溶接関係は全くのド素人ですが、
> 切れが悪い部分は、もしかしたら
> 作業台の鉄板に触れる部分では?
> そこで熱が逃げるのでは?

実はこの切断台は、昨年溶接の実習体験をしたときに
Fe☆Needsさんで見たものを真似て作ったんです。
熱で切断するというよりも、プラズマで瞬間的かつ
局部的に蒸散させるという原理のようですので、
台と材の接触とは無関係のようです。
私の推測は、今のところ電流の不足と睨んでいます。

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる