雨、雨、雨・・・ そしてガレージのドアが開かなくなりました

今回の雨はすごかったですね。
我が家は入間川から1km以内の立地ですので、正直心配でした。

できたばかりのガレージ東入口のドアが開かなくなりましたので、反省を込めて報告します。

■ 雨が木製の壁とドアを濡らす

「濡らす」というよりも「浸み込む」というのが正しい表現だと思います。
ガレージの東壁には庇がありませんので、雨に打たれるがままの5日間でした。

左がドアの取付け部で、右が折り戸の折れ部です。ここは金具がありますので、隙間は作ったときと同じです。

CIMG1219_convert_20150911223849.jpg CIMG1220_convert_20150911223950.jpg

下が、ドアの先端で、取り付けたときは3mmほどの隙間がありましたが、完全に無くなっています。
そのせいで、ドアが全く開かなくなりました。
乾くまで、待つしかありません。

ここは折り戸と右側の子ドアの両側が膨張しますので、7mmくらい必要かも知れませんね。
乾いたら、カンナで両側を削ろうと思います。

CIMG1221_convert_20150911224022.jpg

下の写真は内側です。
雨が浸入しているのが、はっきりと判ります。
取り外しの出来る板戸も外れなくなりました。

CIMG1223_convert_20150911224112.jpg CIMG1224_convert_20150911224230.jpg 


■ 貼り付けた杉板がたわむ

板戸の上に貼り付けた杉板は、相ジャクリですが、隙間無く張り付けたために、膨らみの逃げ場がなく、真ん中がが盛り上がっています。塗装をすれば、少しはマシだと思いますが、少し隙間を空けて貼り付けるべきでした。

因みにドアの中板は隙間を空けていますので、濡れても問題ありませんでした。

CIMG1225_convert_20150911224302.jpg CIMG1226_convert_20150911224340.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる