1月24日:床板貼りレクチャー

 前日に天井板貼りが終了し、この日はHBH(ハーフビルドホーム)さんによる、床板貼りのレクチャーを受けた。
 床材は天井と同じパイン材だが、厚さが15mmで幅が180mm(135mmの間違いでした。1/29)ほどで、天井板よりもずっと重い。パインの床材は現在品薄気味とのことで、見積の床材が品切れのために1ランク上の材料を同額で提供してくれた。節が少なめらしい。ラッキー!
 貼り方は基本的には天井と同じだが、床鳴りを防ぐためにボンドを付けて、合板の下地にエアー釘打ち機で釘を打つ。釘は天井用とは違い一般的な釘に近いが、螺旋上に筋がある。注意点としては隙間無く貼ること、下地から浮かないように釘を打つときには足で浮きを押さえることなど。また、湿気を含んだ時に膨張するので、特に洗面所など湿気が多い場所は両端を5~10mm程度の隙間を開ける必要がある。

●2階GRの床板貼りを完了
床板を貼り終えた床に座ると、完成に一歩近づいた感じがしてきた。
CIMG3535_convert_20110124183335.jpg CIMG3534_convert_20110124183514.jpg

●HBH青木社長(右)、大工の町田さん(中央)と一緒にレクチャー後記念撮影
 社長の青木さんとは2009年の3月に宇都宮での説明会でお会いして以来、すでに2年近いお付き合いになります。何かと頼りになります。町田さんはいかにも職人さんと感じの方で、作業のスピードは驚くほどスピーディーでかつ丁寧、確実です。
CIMG3532_convert_20110124183930.jpg CIMG3533_convert_20110124183442.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる