ダイニングテーブルのイスを修復しました

 このイスはダイニングテーブルとセットで、結婚をしたときに購入したものです。
30年以上使い続けていて、さすがにくたびれてきましたので、修復することにしました。


■ Before

脚部の接着が切れてホゾが抜けそうな状態になってきましたので、応急的にインシュロックで留めてあります。
恥ずかしながら、このインシュロックをしたまま5年以上は経過してます。

材はおそらくブナの無垢材です。
購入当時の価格は、それほど高価ではなかったのですが、なかなか良い造りをしています。

CIMG9778_convert_20141027214125.jpg CIMG9779_convert_20141027214153.jpg

座面の樹脂製のシートが一部破けています。
30年以上経過して、この程度なら極めて優秀だと思います。

CIMG9782_convert_20141027214231.jpg CIMG9783_convert_20141027214252.jpg

■ 作業中

残念ながら作業中の写真はありません。
作業に熱が入ると、どうしても写真を撮るのを忘れてしまいます。

ホゾの接着が切れたまま、長らく使っていたせいか、ホゾ穴はかなり消耗していてユルユルの状態ですが、なんとかこのままいけそうでしたので、特別な処置はせずにボンドをたっぷりと塗って、このまま接着します。

CIMG9784_convert_20141027214330.jpg CIMG9786_convert_20141027214357.jpg

時間がかかったのは塗料の剥離と塗装で、下のような工程で行いました。

  1.電動サンダー(#180)でウレタン塗装を剥がす 
  2.#240空とぎやすりで表面の凹凸を取る
  3.表面を水拭きして、”ささくれ”を出す
  4.#240空とぎやすりで、”ささくれ”を取る
  5.リボス”アルボドス”を塗る(1日乾燥)
  6.#320空とぎやすりで、”ささくれ”を取る
  7.リボス”アルボドス”を塗る(1日乾燥)
 (以下は明日以降の作業予定です)
  8.リボス”クノス”を塗り光沢を出す(1日乾燥)
  9.リボス”クノス”を塗りさらに光沢を出す
    完了


■ After

左が今回の完成品で、右がもう1脚で修復前(来週作業予定)の姿です。

座面は樹脂製のシートを張りかえるのではなく、板に変更しました。
この板は先のソファベッドの背モタレに使ったイケア製ベッドスノコの余りです。

座面が四角になって大きく感じて、ややバランスが悪くなっていますが、まぁ大きな問題ではありません。

CIMG9790_convert_20141027214427.jpg

座面の最前の板は5度程度前傾させました。
座面のカーブはスノコが元々持っている角度で約4度です。

CIMG9795_convert_20141027214505.jpg CIMG9802_convert_20141027214532.jpg

スノコはホッチキスで布に繋がれていて、ホッチキスが刺さっていた跡が残りました。
元々の塗装(右)はウレタン塗装のようで、かなり光沢がありますが、今回の修復品はまだ塗装の途中で、光沢がありません(左)

CIMG9800_convert_20141027214624.jpg CIMG9798_convert_20141027214559.jpg


もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる