キッチンレンジフードの上部にカバーを取り付ける

 我が家のレンジフードは展示品をヤフオクで落札したもので、実勢価格の4割ほどの格安品でした。ただし、本体上部を隠す金属製のカバーが付いていたのですが、送られてきたときにはすでに相当に曲がっていて、即廃棄。

以後、現在に至るまでの3年間、レンジフードの上部は金属部が剥き出しのままでした。

機能的には無関係なところとはいえ、ようやく手を入れる順番が廻ってきた、という次第です。



■ Before

見ての通りです。

2本のステンレスワイヤーで前方の荷重を吊っているのが、特徴的です。

CIMG9432_convert_20140813223120.jpg CIMG9433_convert_20140813223146.jpg


■ 材料

1X4のAグレード品と赤松角材の余り、他です。

1X4のAグレード品は節が少なく、反りや曲がりがほとんどありません。価格は税込み265円/本でした。

CIMG9434_convert_20140813223216.jpg

1x4材は自動カンナ盤で若干の反り、曲がりを取って、スペーサとなる木片を接着しておきます。

角材は1X4材を挿し込むための溝を切っておきます。

CIMG9435_convert_20140813223247.jpg CIMG9436_convert_20140813223307.jpg


■ 取付け

まず、受け材となる角材を左と奥の壁にコーススレッドで固定

CIMG9439_convert_20140813223433.jpg CIMG9438_convert_20140813223411.jpg

次に角のところに2方に溝を切った角材を置き、1段目の板を溝に嵌め込んで、ビス止め

CIMG9440_convert_20140813223500.jpg CIMG9441_convert_20140813223529.jpg

2~6段目の板を嵌め込み、6段目の板をビスで固定して、完成です。

CIMG9442_convert_20140813223559.jpg CIMG9443_convert_20140813223623.jpg


■ 完成!?

完成! と思って、写真を撮ると、左側の壁の合板の下地が、目に付きます。

壁に漆喰を塗ったときは、この高さまでカバーをすると考えていたんです。

CIMG9446_convert_20140813223715.jpg

というわけで、この部分に白いペンキを塗って、こんどこそ完成です。

CIMG9454_convert_20140813224157.jpg 


■ After

1X6の板は厚いせいか、ちょっと「重たい」印象がありますが、見た目いい感じに仕上がりました。

心配していたレンジフード前方への荷重も、心配するほどでも無さそうです。

CIMG9452_convert_20140813224113.jpg

CIMG9451_convert_20140813224047.jpg CIMG9450_convert_20140813223956.jpg




もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる