電話カウンタ収納のひきだしを作る

 まだ、内装が残ってるの?

とお思いでしょうが、まだ何箇所か残っています。

今回は、電話カウンタ収納のひきだしを作りました。


■ Bofore

電話カウンタ収納のひきだしは全部で5つ。

側板だけ組み立てて、ひきだしも扉も作らずに、旧宅で使っていた電話台のひきだしを突っ込んだまま3年間放置でした。

CIMG9368_convert_20140730222706.jpg CIMG9367_convert_20140730222645.jpg

■ 箱の材料はSPF1x4

1X4材の幅は89mmなので、下の3段のひきだしの箱にするには幅が足りません。

そこで、ボンドで接着した後、自動カンナでひずみを取って幅広板にしました。
最初から1x6材を購入するという手もありますが、反りや捻りの無い材がありませんでしたので、木工教室でよく使う接ぎ(はぎ)の技術を使いました。

CIMG9314_convert_20140730221839.jpg CIMG9307_convert_20140730221926.jpg

CIMG9323_convert_20140730222116.jpg CIMG9322_convert_20140730222035.jpg

■ ひきだしの完成

箱の底には、5.5mm厚のMDFをはめ込み、最後に前板をネジ留めしてひきだしの完成です。

CIMG9369_convert_20140730222446.jpg

下3段のひきだしの前板はフローリング材の余りのパイン、

CIMG9371_convert_20140730222249.jpg CIMG9372_convert_20140730222542.jpg

上の2つのひきだしの前板はツガの化粧材の余りです。

CIMG9374_convert_20140730222334.jpg CIMG9376_convert_20140730222407.jpg

■ After

扉がないため乱雑に入れた収納物が見えて、劇的とは行きませんが、かなりマトモになりました。

CIMG9384_convert_20140730223015.jpg

CIMG9378_convert_20140730222741.jpg CIMG9379_convert_20140730222806.jpg

ツガ材のきれいな木目が繋がっているのが、プチ自慢です。

CIMG9380_convert_20140730222838.jpg

この取っ手は以前にネットショップで買っておいたものですが、真鍮風デザインがパイン材に良く似合います。
値段は覚えていませんが、ビックリするほど安かった記憶があります。

CIMG9377_convert_20140730222903.jpg CIMG9383_convert_20140730222941.jpg

次回、扉3枚の取付けで、電話カウンタ収納は完成です。
ご期待ください。


もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる