ようやく階段に手摺を取付けました

 これまで強く必要性は感じたことは無かったのですが、いざという時があるかも知れませんので、階段に手摺を取り付けることにしました。

取り付けてみると、安心感が格段に増したように感じます。
「今まで何事も無くて良かった」とほっとしています。



■ 手摺の取付け位置が難問でした

我が家の階段は1坪のスペースで、1畳分上ったところで180度折り返すという、良くある構造です。

当初の考えは、上がるときに左手となる3面の壁に3本の手摺を取り付けるというものでしたが、折り返しのところの傾斜が緩くなっているために、どうしても不自然になります。

ネットで標準的な手摺の高さを検索すると、傾斜なしの廊下で約80cm、階段で約75cmということでした。
悩んだ挙句、手摺の連続性は諦め、5本の手摺を段違いで取り付けることに。

手摺の高さにマスキングテープを貼り確認です。デザイン的にも見苦しくなく、手摺としても役立ちそうであることが判りましたので、GOです。

取付け金具を固定する壁の下地材の位置は、石膏ボードを張る前に撮った写真で確認しました。
中間のツーバイ材が階段の傾斜に合わせるように重ねているのが、判ります。
おそらく手摺の固定を考慮した設計なのでしょう。

CIMG9095_convert_20140420182234.jpg CIMG3395_convert_20140420183323.jpg


■ 取付け完了

手摺は35Φのタモ集成材の塗装なしを選択。取付け金具は段違いでの取付けで干渉しないように、J型ではなくストレートタイプを選択。

塗装は#240の紙やすりをかけたあと、リボスのアルボドスを1度塗り、もう1度#240の紙やすりをかけてケバを取ったあと、アルボドスを2度塗りしました。

CIMG9110_convert_20140420182822.jpg CIMG9111_convert_20140420182850.jpg

CIMG9112_convert_20140420183202.jpg CIMG9114_convert_20140420183003.jpg


■ 全景

出来上がりはこんな感じです。

手摺を取り付けてみると、なんとなく安心感が漂ってくるのが不思議です。

CIMG9109_convert_20140420182733.jpg CIMG9123_convert_20140420183300.jpg

折り返しから見えるニッチには、小物の飾りを置いて、ほんわか感を演出。

CIMG9122_convert_20140420183106.jpg CIMG9121_convert_20140420182624.jpg



 もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ


にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる