初冬の信州を訪ねる ~軽井沢編~

 ハーフビルドで家づくりを始めてすでに3年が過ぎました。

完成にはもう少しかかりそうですが、急ぐ必要はありませんので、
家づくりを始めてから社会人になった娘と姪を誘って初秋の信州を訪れました。

行き先は軽井沢、それににほんブログ村で同じ村(セルフビルド・ハーフビルド)にある「石積みの家」です。
今回はジョンレノンのゆかりの地をたどった軽井沢での様子を紹介します。


■ 万平ホテルでロイヤルミルクティーを味わう

ジョンレノンが家族を伴って夏休みを軽井沢で過ごしたのは今から約35年ほど前の3年間になりますが、旧軽井沢の別荘地の中にある万平ホテルが常宿ということでした。

毎朝このホテルのカフェの庭に面した隅のテーブルでロイヤルミルクティーを飲むのが習慣だったそうです。
幸運にも、私たちはジョンが座った同じテーブルにつくことが出来て、私は思わずガッツポーズです。

CIMG8151_convert_20131125210332.jpg CIMG8161_convert_20131125210604.jpg

注文したのはもちろんジョンがレシピを授けたというロイヤルミルクティー。
残念ながら現在提供しているのはジョンのレシピそのままではなく、アレンジを加えたものとのことでした。

ロイヤルミルクティー1杯800円と大粒のブルーベリーが贅沢に盛られたショートケーキ750円という値段が少しも高くないと感じたのは、その深い味わいのせいだけでは無かったと思います。

CIMG8157_convert_20131125210432.jpg CIMG8158_convert_20131125210450.jpg

ウエイターさんの計らいで、レジを済ませた後に、当時ジョンの接客を担当した小澤さんと直接お話できたのは望外の幸運でした。しかもジョン関係の記事をスクラップしたファイルを初対面の私に貸してくれたんです!

さらに、やはりジョンとゆかりのある離山房(りざんぼう)というカフェを紹介してくれましたので、家族の「エッ、またカフェ?」という声を押し切り、行くことにしました。


■ 離山房でブラックコーヒーを味わう

 Imagineを聞きながら、旧軽井沢から15分ほど走ると離山房は中軽井沢の別荘地のなかにポツンとありました。
この離山房にはジョンは良く、自転車でブラリとこられたそうです。

ログハウス風の店の中に入ると、中は私ごのみの装飾で、ジョンの写真で溢れていました。
離山房のオーナーの槙野さんには小澤さんが電話を入れてくれて、すぐにジョンとのエピソードを語ってくれました。
注文したのはジョンがいるもブラックで飲んでいたというブレンドコーヒーで、これはジョンに出していたときと同じ店の豆を使って、当時と同じように淹れたコーヒーです。

CIMG8171_convert_20131125211103.jpg CIMG8170_convert_20131125211017.jpg

下の写真の3人は息子のショーン、オノ・ヨーコ、そして離山房のオーナーの槙野あさ子さんで、ジョーンとヨーコが音楽活動で日本を訪れたときに、わざわざ来てくれたときの写真ということでした。

見たところショーンは二十歳くらいの感じですから、ジョンの没後15年後ぐらいでしょうか?
軽井沢はジョンとジョンの家族にとってとても大切な時間を過ごした場所だったのですね。

CIMG8177_convert_20131125210728.jpg CIMG8180_convert_20131125210824.jpg

ひとしきりジョンの話題に花を咲かせたあとで、ずうずうしくも私は槙野あさ子さんの肩に手を乗せて、ツーショットの写真を撮らせていただきました。
(常に控え目な私ですが、この積極さには自分でも驚きました!)

離山房の今シーズンの営業は翌日のお昼で終了ということでしたので、なんとも幸運でしたね。

CIMG8184_convert_20131125211405.jpg CIMG8174_convert_20131125210653.jpg


■ フランスベーカリー

ジョンがこのベーカリーのフランスパンを毎朝買いに来たのは有名な話ですが、残念ながらフランスパンを買っても食べる術がないために、ここは写真のみでスルーです。
その替わりに、このベーカリーのパンで包んだ”軽井沢のコロッケ屋さん”のメンチカツパンをおいしくいただきました。

CIMG8199_convert_20131125210916.jpg CIMG8194_convert_20131125211205.jpg


■ 最後に小さな落胆が待っていた

ホテルに帰って小澤さんが貸してくれたスクラップを見ていると、万平ホテルのカフェの”あの”テーブルの写真がありまして、その説明文を読むと「カフェテラスでのジョンはいつもいちばん奥の庭側の席に店内に背を向けて腰掛けた」と書いてあったのです。

なんとジョンが座っていたのは、私が座った向かいの椅子だったんです!(泣)

CIMG8186_convert_20131125211328.jpg


 まあ、ジョンに興味の無い人にとっては「なんでそんなに興奮してるの?」という感じでしょうけど、私にとってはとても貴重な体験となりました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは^^
ケーキがスゴイ美味しそう~v-10
ビートルズは神様ですから、同じ席に座った!興奮ですね^^
でも向かい側でしたか(笑)
がしんさんは大工さんではありませんでしたかi-229
趣味レベルではない・・スゴイ特技です^^

Re: No title

りんご66さん、こんばんは

> ケーキがスゴイ美味しそう~v-10
> ビートルズは神様ですから、同じ席に座った!興奮ですね^^
> でも向かい側でしたか(笑)

私らしい詰めの甘さでしたが、また行く理由が出来たとポジティブに考えてます(へへへッ)
ケーキは大粒のブルーベリーがわんさかと乗っていて、とっても贅沢でしたねぇ

> がしんさんは大工さんではありませんでしたかi-229
> 趣味レベルではない・・スゴイ特技です^^

そんに褒めてもらって、照れますねぇ・・・ もっと言ってください(笑)

実際の出来はそれほどでもなくて、失敗のたくさんしていますが、
「割愛」させていただいています。

ひとつ言えることは、良い道具を正しく使うと格段に出来栄えが良くなります。
これは実感ですが、素人はなかなか道具にお金をかけられませんので、
私はとても恵まれていると思います。

りんご66さんも、お店のほうが軌道にのったら、また家関係の話題を提供して
くださいね。女性らしいやわらかなセンスは私にも参考になります。

  がしん

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる