山崎豊子さんの死を悼む ~「大地の子」はワイルドスワンの後に読むべし!~

 40代の一時期に、読書が好きだった期間がありまして、歴史物を中心に結構たくさんの小説を読みました。その中でも山崎豊子さんは司馬遼太郎さんと並んで、私にとって好きな小説家の双璧でした。

山崎さんの長い期間をかけた下調べに裏づけされた、本物感といいますか臨場感は、時を忘れてのめり込むのに十分なものです。
山崎さんの決して多くはない著作のなかで、私が一番に好きな作品はダントツで「大地の子」ですね。

 もちろん「大地の子」を読むことは強くお奨めしますが、出来れば当時の中国の時代背景を理解するために、先にワイルドスワン(ユン・チアン著)を読むことをお奨めします。毛沢東時代の中国を理解することで、中国人でさえ生きるのが困難な時代に中国残留孤児の日本人が生きていくのがどんなに辛いものかが、より理解しやすくなると思うんです。

ただし、「大地の子」はフィクションです。
でも、こんな話があったかも知れないと思わせてくれる作品です。


この作品でもっとも印象に残ったのが、生き別れになった妹との再会の場面でした。
読みながら、号泣したのを今でも思い出します。
読書で涙が止まらなかったのは、この作品が最初で最後です。


ワイルド・スワン  大地の子
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる