換気扇取付、給気口開口も電気工事

電線の配線以上に大変だったのが、換気扇、給気口、A/Cダクト用の外壁への開口。ダクトの内径はそれぞれ100/150(レンジフード)、100、65で、外壁は木材と漆喰(木材+メタルラス網+モルタル+漆喰)。プロの電気工事屋さんは壁材ごとに各種口径のホールソーを使うが、素人の私にはそうは行かない。買うとすれば1壁材1口径で2~3万円するので、とても不可能だ。よって、この作業は外部委託するという選択肢も当然あったが、チャレンジすることにした。
 しかし、実際の作業は非常に難航し、延べ日数は7日間くらいはかかったと思う。最も大変だったのが漆喰壁の開口で、給気口100φ1つとA/Cダクト用65φ2つの合計3つであったが、この開口で鋼板のホールソーとジグソーブレードがあっと言う間にダメになった(もともとモルタルには使えないものだったのが原因だが・・・)やはり、早くてきれいな仕事には良い道具が必要であることを改めて痛感した瞬間だった。

●漆喰壁の給気口
内壁には保持材を取り付け、塩ビのダクトには冬季の結露防止のために遮熱シートを巻きつけた
CIMG3311_convert_20101220002020.jpg CIMG3355_convert_20101220002256.jpg CIMG3354_convert_20101220002218.jpg

●1階BR(工房に使用予定)の給気口は2階バルコニーの軒天に
軒天とフトコロの間にはツーバイ材が2枚あってホールソーが使えず、ドリルで開口、ヤスリで整形(くたびれました)
CIMG3310_convert_20101220002111.jpg CIMG3373_convert_20101220002536.jpg

●外コンセントは全部で5個設置(電動自転車、バイク用に2個)
CIMG3356_convert_20101220003704.jpg CIMG3358_convert_20101220002340.jpg

●外壁開口部とダクトとの隙間はシリコンでコーティング
浴室の排気口はドリルが破風板に当たるために、泣く泣く破風板をジグソーで切断
CIMG3362_convert_20101220002447.jpg CIMG3364_convert_20101220002704.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる