単線図と複線図

電気工事は照明、A/Cそして、コンセントの位置決めから始まる。
ベッドやキッチン、テーブルなど大型家具の配置は、間取りの検討の段階でほぼ決定していたので、スンナリと決定。照明はほぼ定番的な配置でまとめたが、1階寝室については、完成後は工房として使う予定なので、縦方向に2本のライティングダクトを取り付け、機種と位置、向きの変更が可能なスポットライトを付けることにした。
その後に単線図を作成。単線図は照明、A/C、コンセントなどを1本の線でつなぎ、配電ブレーカの守備範囲を決定していく。次に複線図の作成。これは実際に配線する電線の本数と電線の色を決定して行く。この作業には時間は慣れないせいかやや時間がかかったが、それほど難しいものではない。

●単線図
電気配線単線図(1F)_convert_20101214213331

●複線図
電気配線複線図(1F)_convert_20101214213430
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる