秋晴れのなか、物置ドアが完成(除く塗装)

 DIYしているのがもったいないような秋晴れのなか、物置のドアが完成しました。

精度がいまいちですが、まあまあの出来です。


■ 木どり

 枠材は結局、WRC(ウエスタンレッドシダー)を選択。ネットショップで特売品の2X4 6ftが580円を3本と、2x6の余り材を使用しました。


若干の曲がりは電気カンナで削ったあとに、テーブルソーで製材。

CIMG6391_convert_20121020215039.jpg CIMG6393_convert_20121020215157.jpg


 ドア板は杉の相決り材を5枚と、WRCの壁材を流用しました。

枠材にはドア板を嵌め込むための溝をテーブルソーで加工

CIMG6398_convert_20121020215301.jpg


 枠材はダボを使ってボンドで接着し、強度を増強しました。

接着の際には、買ったばかりのBessayのクランプを使用。

Bessayのクランプはとても高額(4本で27,000円!)でしたが、今後の木工で使うので、思い切って購入してしまいました。

CIMG6402_convert_20121020215542.jpg CIMG6403_convert_20121020215631.jpg


■ 金具で補強

 枠材はダボで補強してありますが、かなり緩めでしたので、上下を金具で補強。

ダボの径は8mmで錐先も8mmを使いましたが、ちょっと小さめのほうが良いのかな?とも思いましたが、どここかで「ダボと錐先の径は同じサイズを使う」というような説明をどこかで見たような気がします。
穴あけ位置の誤差を吸収させるための余裕なのかも知れません。

CIMG6419_convert_20121020220239.jpg CIMG6418_convert_20121020220203.jpg


■ 取っ手

 ドアの取っ手は木工教室から薪の焚き付け用にいただいた端材の中にあった、耳付きのウォルナット材を使用しました。

ジグソーで切取ったあと、棒ヤスリで角を取り、紙ヤスリで仕上げ。

CIMG6410_convert_20121020215855.jpg CIMG6413_convert_20121020215930.jpg
CIMG6416_convert_20121020220024.jpg CIMG6417_convert_20121020220104.jpg


 ロック金具はトリマーで溝を掘って固定しました、。

フリーハンドで加工しているせいか、かなり仕上がりはラフです。
 
CIMG6421_convert_20121020220320.jpg


 ■ 完成(除く塗装)

 裏側の上真ん中の板が黒いのは、塗装済みの壁板材を使ったためです。

表のほうは表面をカンナで削ったので、木肌が見えます。

CIMG6426_convert_20121020220405.jpg CIMG6430_convert_20121020220433.jpg
CIMG6428_convert_20121020220528.jpg CIMG6429_convert_20121020220559.jpg




 もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ


にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる