セルフビルドの難しさを実感しています

 「セルフビルドとハーフビルドは似て非なるもの」

これが、物置付き工作室づくりを始めて、感じた実感です。

ただし、ここで言うハーフビルドとは「マネジメントサービスありのハーフビルド」のことで、母屋の家づくりがこれでした。

ハーフビルドですと設計や施工法はすでに確定していて、資材についても工程に応じて配達してくれますので、安心して施工に集中することができますし、進行のスピードも速いです。

それに対して、セルフビルド設計、施工法の選択、資材の調達そして施工までをすべて自力で行う必要があり、しかも「これで良いのだろうか?」という不安が常に付きまといます。

しかし、作る喜びの面ではハーフビルドの比ではありませんね。
言ってみれば「ハーフビルドはローリスクローリターン、セルフビルドはハイリスクハイリターン」です。

私がセルフビルドしているのは物置付き工作室ですので、最悪雨漏りや傾きなどの重大欠陥が露呈しても、ダメージはそれほどではありません。
その意味で、自宅をセルフビルドをしている人のブログを拝見する度に本当にスゴイと感心します。


それと、セルフビルドは設計にかかる時間と資材を調達する時間が半端でなくかかりますね。
実際の施工の2倍はかかる感じです。



■ デザインのためのラフスケッチ

 下手な字とスケッチでお恥ずかしいのですが、片道1時間ある通勤時間に下のように思うがままにスケッチをしています。ただし、実寸を入れて、かつ縦横比も同じくらいになるように気を遣って、一応デザインの確認をします。

このようなスケッチは、同じところを日を変えて何枚も書いて、最終的なデザインを決めますが、設計図は描かずにこのまま施工をしてしまいます。

ただし施工しながらデザインの破綻(矛盾)に気が付くのもしょっちゅうで、その度に変更します。
(というかミスが見えないように誤魔化します)


素人にしか出来ないやり方で、他人にはお薦めできない手法ですが、私には合っていると思ってます。


CIMG6218_convert_20120914214945.jpg

CIMG6219_convert_20120914215029.jpg

CIMG6220_convert_20120914215114.jpg




 もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ


にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる