壁の枠組み完成 ~片流れ屋根なのに、垂木にとても苦労しました~

 昨日の雷雨で再び、水浸しになったものの、やっと枠組みが完成し、屋根板を貼れる段階に達しました。


■ 垂木を支える梁の支持部の作成

 梁は45x105の赤松材を使用しました。

その梁を支える南北壁の支持部は、梁に使う赤松材の一部を切り取って”現物合わせ”です。

CIMG6098_convert_20120818221852.jpg CIMG6099_convert_20120818222038.jpg

 何とか出来上がりましたが、途中大失敗ありで。この三角形の部分でほぼ1日を費やしています。

梁の支持部の下の方をよく見ると、ゲタを履いているのが判ります。(残念)

CIMG6101_convert_20120818221719.jpg CIMG6102_convert_20120818221810.jpg


■ 苦労の末の垂木の固定

 梁や上下の壁の上辺との接触部を強固にするために、垂木1本につき3ヶ所に三角形の切り欠きを造りましたが、これがとても大変で、多くの時間と労力を費やしました。

 まず、丸ノコで21度の角度を付けて短辺部分を切り込み入れて、次にジグソ-に治具を当てて、長辺部分を切り取ります。

 屋根は片流れなので、屋根の構造は比較的シンプルなのですが、何せ知識不足のため、試行錯誤の連続です。

CIMG6108_convert_20120818222138.jpg CIMG6107_convert_20120818222236.jpg

 苦労の甲斐あって、10本の垂木はしっかりと固定されました。

CIMG6112_convert_20120818222331.jpg CIMG6113_convert_20120818222418.jpg


 お隣のご主人に「本格的ですね」と褒めていただきましたが、実は「素人ゆえに手の抜きが判らない」と言うにが実際のところです。



 もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ


にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる