工程の長い花壇付き門柱づくり ~その3~

 肌寒い曇り空でしたが、雨は降らない予報でしたので、門柱の残りのレンガ積みと花壇の土留めを作りました。

今回も予定変更がありまして、臨機応変なのか、行き当たりばったりなのか判らなくなってきましたね。

予定変更で、その時は使わなくなった材料は出来る限り使い切るつもりです。


■ 準備

 事前にレンガを並べて、形や色により配列を決めていきます。

配列が決まったら、モルタルの水を吸い取らないように、積む前に水に浸しておきます。

CIMG5501_convert_20120421215904.jpg CIMG5500_convert_20120421215736.jpg


■ 花壇の土留めの石板は白レンガに変更

 当初の予定は黒の石板の上に白の石板でしたので、固定の前に並べてみたのですが、余っていた白レンガを並べてみると、門柱がレンガのせいか、こっちのほうがなんとなく良さそう。

白い石板が特に悪いということは無いのですが、少しすまし過ぎの感じがあり、急遽白レンガに変更したのでした。

CIMG5505_convert_20120421220053.jpg CIMG5503_convert_20120421220022.jpg


■ 完成!

 13段積みの予定でしたが、枕木との高さの差が大きくバランスが悪いように思えましたので14段に変更しました。

CIMG5511_convert_20120421220316.jpg CIMG5513_convert_20120421220341.jpg

 全景はこんな感じで、期待以上の出来栄えで満足です。

CIMG5527_convert_20120421220851.jpg CIMG5514_convert_20120421220434.jpg

 きれいに積めると、後ろから見ても見ごたえがありますね。

押さえの金具は2段で合計4ヶ所。下の段の金具の幅が狭いのはご愛嬌。

CIMG5524_convert_20120421220755.jpg CIMG5519_convert_20120421220613.jpg

 近くでみると、こんな感じです。

色や形がこんなにも個性的です。ベルギー産の古レンガで、少なくとも50年以上前に焼いたものだそうです。

CIMG5520_convert_20120421220647.jpg CIMG5523_convert_20120421220724.jpg

 ちなみに同じレンガを使った薪ストーブの炉台はこんな感じで、目地はキッチリと埋めています。

明らかに門柱のほうが、見た目が良いですね(積み直したいです。残念!)

CIMG4869_convert_20111211210917.jpg CIMG4873_convert_20111216183145.jpg

 花壇の左は枕木の階段で、奥が自転車置き場になっています。

まとまり感がまるでありませんが、仕上がりがまあまあですので、良しとします。

CIMG5518_convert_20120421220544.jpg



 もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ


にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる