薪の心配事 ~松の古材をメインで焚いてますが・・・~

 このところ、冷え込みが厳しいですね。

寒くなって、嬉しいと感じるのはこの冬が初めてです。

もちろん、薪ストーブを入れたからです。


 さて、今回はちょっと心配な薪の話です。


■ 松の古材を薪に

木工教室の先生は家具製造販売も手がけていますが、古民家の梁に使われていた松の古材を家具に活用した余り材をいただきました。

着火時の薪はクヌギの薪を使っていますが、追加の薪はこの松の古材を使っています。

古材ですので、良く乾燥しているのですが、なんせ”松”ですので、ヤニが多いはずで、ちょっと心配です。

大丈夫かな~?

でも、この松の薪は以外と火力もあり、火の持ちが良くて重宝しています。

CIMG5135_convert_20120126220946.jpg CIMG5136_convert_20120126221015.jpg CIMG5137_convert_20120126221057.jpg


■ 着火用の端材

天井や床、腰板、窓枠などの内装施工で出た端材(これもほとんどが松です)は着火用に活用しています。

火の付きがとても良くて、着火がとても楽チンです。

CIMG5139_convert_20120126221307.jpg CIMG5140_convert_20120126221343.jpg



■ 窓ガラスの汚れ

以前の記事で、窓ガラスが煤けていた写真を載せましたが、今はこんな感じです。(左)

煤の拭き取りはしていないのですが、右の写真が、初めて薪ストーブを焚き始めた頃の写真ですので、かなり煤が取れた(燃えた?)のが判ります。

CIMG5138_convert_20120126220739.jpg CIMG4984_convert_20111231191736.jpg




にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる