照明の配線で痛恨のミス! ~露出配線はイヤだー~

 照明は内装作業の合間に、順次取り付けていますが、階段とロフトの照明でイタいミスが発覚しました。


■ 階段とロフトの照明のスイッチが逆!!!

 階段用の照明は天井と壁の2種類で、ともに照明器具は2個ずつにしました。

問題は天井の照明で発覚しました。

1個は階段を上がり切ったところの天井で、これは問題ありません。

CIMG4689_convert_20111103181320.jpg

2個目は壁に埋め込んだ照明の真ん中に取り付ける予定で、配線もそのようにしたつもりでした。

CIMG4688_convert_20111103181239.jpg

このスイッチは階段の上と下にあります。

 階段下のスイッチはコレです。

CIMG4687_convert_20111103181136.jpg

しかし、このスイッチを入れると、なんとロフトの壁に付けた照明が点灯してしまうのでした。
(写真の左上が照明ですが、今は外してます)

CIMG4690_convert_20111103181348.jpg

逆にロフトのスイッチを入れると階段の壁側の照明が付いてしまうのです。

ウーン、困りました。

階段側の照明が2個でなければ、ロフトの照明の側にスイッチを付けることもできるのですが、ペアになっているためにそれが出来ません。

この2つの照明は壁の両側になるのですが、高さが1.5m違っているために、逆の壁に配線を出すというわけにも行かないのです。

電源の配線については、配線後に点検を行いましたので、壁から配線を出す時に間違えたと思われます。


「露出配線」という文字が頭に浮んでは、打ち消していますが、良い解説策が見つかるかどうか・・・



■ 玄関ホール

 玄関ホールの照明は、Gol(ゴル)ペンダントライトをネットショップで購入しました。

シェードのガラスが手作りということで、1個8.500円と高価です。

ソケット部と電源コードが同じ色になっていて、赤と水色を1個ずつ購入しました。

CIMG4691_convert_20111103181528.jpg


 歩くところの天井に取り付けましたので、電源コードは最短にする必要があって、木を使って短くしました。
 この木を使うやり方はどこかのHPで見たのを真似たもので、コードが見苦しくならずに短く出来ました。

CIMG4697_convert_20111103192155.jpg

 今回、玄関に近い方を赤、リビングに近い方を水色にしましたが、夏は逆にしようと思っています。

CIMG4693_convert_20111103181424.jpg CIMG4694_convert_20111103181447.jpg


■ 吹き抜けの照明

 吹き抜けには2個の照明を取り付ける計画です。

今回、そのうちのストーブ側の照明を取り付けました。

レトロ風のウォールブラケット&シェードで、ネットショップで1,860円(送料500円)と格安でした。

1,680円の間違いでした。yahoo!オークションで「昭和レトロ 外灯」でヒットすると思います。(11/7追記)

しかも防水仕様ということで、外灯での使用も可能だそうです。

安いですね。

CIMG4699_convert_20111103220900.jpg CIMG4701_convert_20111103220946.jpg




にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろいろな人のセルフビルドのブログが見られます。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村  ”住まい”に関する情報が参考になります
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる