11月第4週:薪ストーブ炉台レンガ敷き準備 ~リビングの照明は手作りです~

 もうすぐ12月になりますが、薪ストーブの炉台が未完成で、火が入るのは12月の中頃になりそうです。

今のところ、エアコンの暖房でどうにか過ごしてしますが、暖かい空気が2階に上がってしまい(吹き抜けのシーリングファンは薪ストーブを設置してから取付けの予定)、限界が近づいています。


■ 薪ストーブ炉台

 傷めた合板の上に、12mm厚の合板を貼って、強度を確保することにしました。

CIMG4798_convert_20111127184452.jpg

 この合板にレンガの置き場所を書き込んで

CIMG4799_convert_20111127184546.jpg

 この下書きに従って、壁に45度の角度であたる部分は、ディスクグラインダーで切断して

CIMG4807_convert_20111127184732.jpg

 順番に置いていきました。

CIMG4806_convert_20111127184640.jpg

 一番手前は縁に沿って縦置きにします。

切断は加工はレンガ屋さんに依頼するのですが、引取りの時点では寸法が決まっていなかったため、まだ手元になく、固定は来週の作業になります。

CIMG4805_convert_20111127184800.jpg


■ 照明

 リビングの照明は、パナソニックやオーデリックのカタログやネットショップで、長い間探しました。

シャンデリアは私の好みではありませんので、シーリングライトを中心に探たのですが、ついに気に入ったものに出会うことが出来無かったため、木工で自作することにしたのです。

ロフトの手摺の支柱に使った栂の角材が余っていましたので、これを木工教室で加工しました。

材料費は電球を除けば、陶器製の口金2個のみで500円だけです。

塗装はクリア塗装にしたのですが、パイン材の天井と同じ色合いのために、溶け込んでしまうのが、今ひとつですが、そこそこの出来かなと思っています。

CIMG4814_convert_20111127184936.jpg CIMG4811_convert_20111127184858.jpg

 吹き抜けの照明は2つあって、ひとつは先に昭和レトロ風を取り付け済みです。

今回は、もうひとつの照明の取り付けで、照明器具はオーデリックのスポットライトを選択しました。

この照明は読書灯になるように、指向性の強い電球を選びました。

CIMG4816_convert_20111127185029.jpg CIMG4815_convert_20111127185004.jpg


本日、”にほんブログ村”の”薪ストーブ暮らし”に参加しました。

下のボタンから飛ぶことが出来ますので、よろしかったらどうぞ。


にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろいろな人のセルフビルドのブログが見られます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富です。
スポンサーサイト

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる