工房の外ドアを再塗装

 工房の外ドアの塗装は失敗でした。

再塗装を余儀なくされました。


■ 再塗装前

ドアの材はおそらく米ツガです。

塗料は外壁に塗ったのと同じ、油性のキシラデコール(カラーはピニー)でした。

ドアは工房の南側の外壁に付いていますが、2階のバルコニーが50cmほど突き出していて、庇になっていますので、それほど雨には濡れないので、それほど厳しい条件ではないのですが、甘かった!

原因は塗料が材料の米ツガに浸潤していなかったものと思われます。油性の塗料は木材の表面から内部に浸透して、木材を雨や日差しから守るのですが、中に浸透していなかったのです。

実は塗ったときに、ちょっとそんな感じがしていたんですが・・・
それにしても3年半でこんなに痛むとは、トホホです。
イタイ塗料に選択ミスでした。(泣)

CIMG9557_convert_20140917204049.jpg CIMG9558_convert_20140917204148.jpg

塗装が剥げて、割れ目が見えますね。

結構ヤバイです。

CIMG9559_convert_20140917204216.jpg CIMG9562_convert_20140917204327.jpg

下の方は、割れ目や隙間にカビが生えている気配濃厚です。

ヒエー

CIMG9560_convert_20140917204236.jpg CIMG9561_convert_20140917204301.jpg

■ マスキング

塗装はマスキングが重要ですので、面倒くさがらずにしっかりとマスキングしました。

CIMG9566_convert_20140917204422.jpg CIMG9565_convert_20140917204356.jpg

■ 再塗装完了

再塗装の塗料はの水性のコンゾラン。
カラーは前と同じでピニー。

もしかしたら、コンゾランとキシラデコールは同じメーカーか、同じ系列かも知れません。

2回塗りしたら、やや厚塗り気味になりましたが、水性塗料ですので、こんなもんでしょ。

CIMG9571_convert_20140917204619.jpg CIMG9570_convert_20140917204551.jpg
CIMG9568_convert_20140917204503.jpg CIMG9569_convert_20140917204526.jpg

塗り終わってから、古い塗料を剥がさなくて、良かったのかなぁと、思いながらも再塗装の完了です。

この先、カビが出てこないことを祈りますが、どうなることやら・・・



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。
スポンサーサイト

イタタッとムフフッ ~御礼 5,000アクセス!~ 

 一昨年の12月にこのブログを始めてから13ヶ月半で5,000アクセスを達成しました!

ありがとうございます。

特にリピーターの皆さまには感謝です。

今回は久々にイタいネタを披露します。


■ アッ、玄関ホールの照明がっ・・・

Before

CIMG4694_convert_20111103181447.jpg

After

CIMG5014_convert_20120116202404.jpg

final

CIMG5016_convert_20120116202443.jpg


ロフトのドアを1階から2階に上げるときに、この照明のガラスのシェードにぶつけて、ガラスを割ってしまったのでした。

この照明(ゴル・ペンダントライトと言います)はネットショップで約9,000円したのですが、金額のうち8割くらいは、このガラスシェードだと思いますので、価値はほぼ消滅です。

単なるハダカ電球になってしまいました。(泣)



■ ムフフッの書斎用机の天板

木工教室の先生に依頼して、タモ材の耳付き1枚板を手に入れました。

木目がとてもきれいで、見ているだけ思わずニヤついてしまうくらいです。

長さは1,700mmで、書斎スペースの窓側(先日作った書棚の対面)に固定します。


CIMG5061_convert_20120116205641.jpg CIMG5056_convert_20120116201840.jpg

厚さは50~53mm

CIMG5057_convert_20120116201916.jpg CIMG5058_convert_20120116201954.jpg

奥行きは500~520mm(耳部分を含む)

CIMG5059_convert_20120116202033.jpg CIMG5060_convert_20120116202056.jpg



にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ

あっ、玄関の石板がっ・・・ ~薪ストーブの初火入れも延期に~

 今日届くはずの薪ストーブ用温度計が届きません。

夕方に、ストーブ屋さんの電話すると、昨日発送したとのこと
(ホントかなぁ~)

ということで、初火入れはまたも延期となりました・・・

それに、玄関の石板もイタイことになっています。


■ 玄関の石板にトラブル発生

なんと、昨日玄関に貼った石板が剥がれてしまいました。

しかも4枚も

目地材が完全に乾いていないうちに乗ってしまったこともありますが、手で押してもガタツキますので、その下のモルタルとの密着が悪かったのでしょう。

この4枚+αは貼り直しになります。

CIMG4906_convert_20111224214815.jpg CIMG4907_convert_20111224214849.jpg



にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

エアコン配管の壁貫通はひょうたん型!? ~楽住ブログ大賞にエントリーしました~

 今日は久々にイタい画像を紹介します。

エアコンの配管用の外壁貫通も自分で作業しました。
貫通口の高さは、10年前に購入して、仮住まいでも使っていた機種を
参考に決めましたが、最新機種はかなり大型化しており、わずか2~3cm高かったのでした。

結果が下の写真です。

CIMG4303_convert_20110830225148.jpg

 わずか2~3cm高いだけですので、下にその分だけ拡張すれば良いと思うのは素人で、
ホールソーを使うためには、その中心にホールソーを支持するための下地が必要なのです。
 その結果約5cm下にもうひとつの穴開けた結果、ひょうたん型の貫通口が完成です(泣)


 このブログは日記代わりとして書き始めましたが、このたび楽住-rakunism-主催の
「楽住ブログ大賞」にエントリーしました。

よろしかったら覗いてみてください。


border="0" style="width:88px;
height:31px;" alt="注文住宅の一戸建て情報 楽住">

洗面台の残念な結末

洗面ボウルの目皿あたりから水漏れがすることは、以前にお知らせしました。

Oさんから配管の継ぎ目にはシールシートが必要なことを教えてもらいましたので
早速、排水金具に巻いて、ボルトで締めました。

CIMG4152_convert_20110614213721.jpg CIMG4153_convert_20110614213752.jpg

これで万全!と思いきや、やっぱり漏れている!?

何故なんだ!と心の中で叫びつつ、洗面ボウルの下面を触ってみると濡れている!
次に洗面ボウルの上面を良く見てみると、ほとんど見えないくらい細いクラックが走っている!

結局は水漏れの原因はこのクラックだということが判明しました。

この前面ボウルは混合水栓(今回とは取り付けたものとは違うもの)と一緒にネットオークションで購入したものですが、届いたときに梱包状態が悪かったのを思い出しました。

とりあえずクラックの部分に上からアロンアルファ、下からシリコンコーキングをして応急処置をして、今のところ水漏れは無いようですが、非常に悲しい結末となりました。


CIMG4166_convert_20110614213820.jpg CIMG4167_convert_20110614213908.jpg


にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろいろな人のセルフビルドのブログが見られます。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村  ”住まい”に関する情報が参考になります。

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる