フォトフレームのスタンドをアイアンにしてみた

 フォトフレームのスタンドは長年の課題でした。
オーソドックスな木製のゲタが今一つなのが、その理由でしたが、今回はアイアンを使ってみました。


■ アイアンスタンドその1

6mm(太枠には9mm)の丸鋼をコの字に曲げ、フォトフレームの背面に斜めに差し込みます。
こうすることで縦置きにも横置きにも対応できます。

錆止めはマイブームのSuper Blueによる黒錆処理+CRC5-56です。
ビジュアルも悪くありませんが、大きな問題が一つ

曲げの技術が未熟なこともありますが、コの字の長辺の長さが微妙に異なるために、フレームとスタンドがペアにせざるを得ないんです。2mm程度ならなんとかなりますが、それ以上では調整に無理があります。

IMG_5760_convert_20171005231218.jpg IMG_5767_convert_20171005231246.jpg

IMG_5789_convert_20171005230950.jpg IMG_5790_convert_20171005231023.jpg

横長タイプのフォトフレームは縦置きが無理ですので、地味にこんな感じになります。

IMG_5783_convert_20171005231048.jpg


■ アイアンスタンドその2

厚さ4.5mm幅32mmの平鋼をベンダーで曲げました。
フォトフレームの裏板に埋めた磁石で固定します。
これもL版のフォトフレームでは縦置き横置き兼用です。

シャープな感じはありませんが、何となく愛嬌があります。
これならフォトフレームとペアにする必要もありませんので、融通がききます。
強いて問題を挙げると磁石のコストですね。

IMG_5784_convert_20171005230651.jpg IMG_5785_convert_20171005230714.jpg

IMG_5786_convert_20171005230818.jpg IMG_5793_convert_20171005230910.jpg


■ ウッドブロック(再掲)

木片と磁石を使ったスタンドは、少し前に作ったものですが、これはこれでひとつの形かと思います。
ただし、作業工程が他のものよりも少しだけ長く、1個100円程度の磁石を使っていますのでややコストがかかります。

IMG_5780_convert_20171005231407.jpg IMG_5795_convert_20171005231650.jpg


■ 集合写真

正面から見るとゲタのスタンド以外のスタンドは全く見えませんが、背面や横からはその存在が確認できます。
普段は見えないところにも気と手間をかける、ちょっとした贅沢ですね。

IMG_5774_convert_20171006000647.jpg

IMG_5778_convert_20171006000710.jpg



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。
スポンサーサイト

少しだけ本格的な絵画用額縁を作りました

 AllPosters というネットショップでは、ありとあらゆるポスターや絵画が販売されています。
本当の絵画は勿論買えませんが、絵画プリントなら数千円で購入できます。
注文するとアメリカから発送されますので、到着までは、約3週間です。

今回、約300x400mmサイズの絵画プリントを2枚購入し、額縁に入れて飾りましたので、報告します。


■ 額縁のデザイン

今回知人から依頼された書を入れる額縁を含めて3種類作製しました。

まず一つ目、
材料はベイツガ、母屋の内装に使った材料の余りです。
木目といい、ニオイといい赤松とよく似ています。

トリマーにディッシュビットを付けて削りました。
材料が柔らかいせいか、円弧の形を綺麗に削り出せました。

IMG_5275_convert_20170717202805.jpg IMG_5382_convert_20170717202843.jpg

二つ目、
材料はタモ、内側を45度の角度でシンプルに削りました。
90度のV字溝ビットでは長さが足りないので、以前に作ってあった治具に載せて、自動カンナで削り出しました。

IMG_5274_convert_20170717202742.jpg IMG_5259_convert_20170717202652.jpg

三つ目、
書を入れるということなので、若干和の香りがするヒョウタンビットを使い、トリマーで削り出しました。
材料はナラです。

IMG_5273_convert_20170717202716.jpg IMG_5380_convert_20170717202901.jpg


■ 枠に組む

45度の角度切りは卓上スライド丸ノコを使うのですが、精度を出すために下に板を敷き、背中に角材を置きました。
切断の終わりのほうで、材料が撓むの防ぐのが目的ですが、うまく行ったり、行かなかったりです。
誤差の原因はもっと考察する必要があります。

IMG_5279_convert_20170717204132.jpg

IMG_5303_convert_20170717203308.jpg IMG_5302_convert_20170717203211.jpg

角の補強はいつもの”カンザシ”です。
切り込みを新しいテーブルソーでするようになって、仕上がりがきれいになりました。

IMG_5348_convert_20170717203405.jpg


■ モディリアーニ作”黒ネクタイの女”

モディリアーニの肖像画は独特の特徴があります。
”黒ネクタイの女”はAll Postersで初めて見たのですが、なんとも言えない雰囲気があり、購入です。
ジグレープリントと言って、紙も印刷方法も絵画に適した印刷だどそうです。
約300x400mmのサイズで4,000円くらいだったと思います。

マット紙は新宿の世界堂にオーダーしたもので、1,500円くらいしました。
(7/21追記:マット紙は2枚で1,500円ほどでした)
やはり、マット紙を入れると、格段に見栄えが良くなりますね。

階段室西面の月のアイアンの下に掛けました。

IMG_5374_convert_20170717204215.jpg IMG_5366_convert_20170717203852.jpg

IMG_5378_convert_20170717203932.jpg IMG_5379_convert_20170717203955.jpg

ディッシュビットで削った円弧が、照明の影をシャープに出しています。

IMG_5377_convert_20170717203827.jpg IMG_5343_convert_20170717203435.jpg


■ マネ作”笛を吹く少年”

これもAll Postersのジグレープリントで、サイズは300x400mm
こっちにも世界堂で作ったマット紙を入れました。

掛けたのは2F寝室入口のある突き当りの壁で、ゲストルームから出てきたときに目に入ります。
作品も掛けた場所も最高なのですが、タモの額縁がどうも今一つの感じです。

IMG_5362_convert_20170717203718.jpg IMG_5361_convert_20170717203745.jpg

IMG_5364_convert_20170717204607.jpg

IMG_5346_convert_20170717203535.jpg IMG_5345_convert_20170717203517.jpg


■ 書の額縁

とりあえず、近くあったA4サイズのポスターをを入れてみました。
ヒョウタン面が、若干ですがゴージャスな感じを出しているようで、悪くないようです。

IMG_5350_convert_20170717204023.jpg IMG_5353_convert_20170717204051.jpg



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

山桜の原木を縦割りにし、木工用材としてゲットする

縁あって幸運にも、山桜の原木を縦割りして、いただけることになりました。
縦割りした山桜の原木は乾燥させて、木工雑貨の材料として、活用するつもりです。


■ アラスカンMKⅢを使って縦引き

カメラを持参しなかったので、現場写真がありませんが、ガイドバーが70cmくらい長いハスクバーナ76なんとかというチェンソーに
アラスカンMKⅢとかいうガイド金具を付けて、山桜の原木を縦引きしました。
ソーチェンは縦引き用ということで、比較的短時間に約1.3mの原木を縦割り出来ました。

アラスカンMK3


■ 持ち帰った山桜の板材

厚さ約50mm、長さ約1.3m、幅300~400mm合計5本持ち帰りました。
ご協力、ご指導いただいたNさん、Yさんに感謝、感謝です。

IMG_4622_convert_20170305211324.jpg IMG_4624_convert_20170305211348.jpg

IMG_4623_convert_20170305211425.jpg IMG_4627_convert_20170305211454.jpg

屋内に保管場所が無かったので、母屋の北側に風通しを良くして積みました。
木口には割れ防止剤を塗布する予定です。
使えるようなるまでに、3~5年かかるでしょうか?
その前に、カビや腐りが入らないかと心配です。

IMG_4630_convert_20170305214034.jpg


■ 椋の木の薪割台

これはオマケですが、椋の木の玉を薪割台としていただきました。
椋の木の薪って、あまり聞きませんが、広葉樹ですし、ケヤキのようなニオイもありませんので、薪としては良さそうですが、如何せんとても割れにくいのです。手斧で試してみましたが斧がポーンと跳ね返されてしまいます。
30tクラスの薪割機があれば割れるのでしょうが、素人には手に負えませんね。

IMG_4621_convert_20170305211558.jpg IMG_4620_convert_20170305211536.jpg


もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

絵画用額縁を作成 ~その2~

 前回に続いて、今回も絵画用の額縁を作製しましたので、紹介します。

中に入れた絵は、有名な絵の安い印刷物ですが、本物の絵は手が出ませんので、仕方ないです。


■ 絵画用額縁風

材料はホームセンターで購入した室内造作用の材です。
樹種は不明

その材を昨年末に作ったトリマーテーブルを使って、一応額縁風に加工した後、45°に切断し、最近購入したビスケットジョイナーで溝を掘り、接着。
いつものカンザシでは、幅が広すぎますので、しっかりと接着するためにはどうしてもビスケットジョイナーが必要でした。
このビスケットジョイナーは本体価格が1万円ほどの格安品で、少々不安がありましたが、とりあえず問題はありませんでした。

IMG_4357_convert_20170115201746.jpg IMG_4358_convert_20170115201816.jpg

IMG_4368_convert_20170115201858.jpg IMG_4377_convert_20170115201938.jpg

塗装はミルクペイントでマットな雰囲気に

IMG_4405_convert_20170115202215.jpg IMG_4404_convert_20170115202159.jpg

真っ白に塗ったので、漆喰壁では、埋もれてしまうため、ゲストルームの板壁に掛けて完成です。

ちなみに中に入れた絵は、ダリの「聖十字架際のためのポスター」という作品で、図録から切り取りました。
この絵、ダリの初期の作品で、色の使い方がポスターらしく、コントラストが強く、私好みです。

IMG_4403_convert_20170115202027.jpg IMG_4393_convert_20170115202057.jpg


■ シンプルな定番

フォトフレームと同じ手法で作ったシンプルな額縁です。
絵画用の額縁らしくありませんが、いかがでしょうか?

IMG_4417_convert_20170115202450.jpg IMG_4416_convert_20170115202427.jpg



IMG_4414_convert_20170115202346.jpg IMG_4412_convert_20170115202302.jpg

この額縁はゴッホの「ひまわり」のポスターカードを入れて、玄関横の壁に掛けました。
玄関に「ひまわり」では、少々引けますので、いずれは他の絵に掛けかえたいと思います。



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

絵画用額縁を作成 ~その1~

昨年の秋は、メジャーな画家の展示会が相次いで開催されましたので行ってきました。
ダリ展とゴッホとゴーギャン展の2つですが、
大混雑で時間も短めでしたが、とても良かったです。
当然ですが、やはり、実物は迫力が違いますね。

特にゴッホとゴーギャン展は土曜日の午後ということもあって、入場制限がありました。
IMG_4270_convert_20170109221753.jpg


記念に何枚かのポストカードとポスターカードを買ってきたので、今回そのカードを飾るための額縁を作製しました。


■ ゴッホの「収穫」

材料は同じ市内に住み、地元産の木材で雑貨づくりをされている方からいただいたコナラクリです。
よく乾燥していて、節のの無いキレイな材でした。

この材を製材し、L字に切り欠き、角をトリマーで45°の角度で削って、フレーム材の完成です。

IMG_4346_convert_20170110212237.jpg IMG_4354_convert_20170109211832.jpg

このフレームを絵の大きさに合わせて、45°で角度切り接着、
次に角に”カンザシ”を入れてフレームの完成です。

IMG_4407_convert_20170109212048.jpg IMG_4410_convert_20170109212131.jpg

IMG_4409_convert_20170109212114.jpg IMG_4411_convert_20170109212151.jpg

完成したフレームにゴッホの「収穫」を入れて、階段の上り口の上の壁に掛けました。
階段を下るとき、踊り場で向きを変えると、正面に見える位置になります。

IMG_4387_convert_20170109211907.jpg IMG_4390_convert_20170109212000.jpg


■ ダリの「幻覚を与える闘牛士」

こちらも上と同じ材料を使いましたが、角の45°の切り取りは、深くしました。
この切り取りはトリマービットでは辺の長さが足りないので、テーブルソーを使ったのですが、
とても難しくて少し危険を感じましたので、別の方法を考えるべきですね。

IMG_4398_convert_20170109212240.jpg IMG_4399_convert_20170109212318.jpg

壁かけ用の穴を特殊なトリマービットを使い、こんな風にビスの頭が引っかかるように加工しました。

IMG_4401_convert_20170109212342.jpg IMG_4400_convert_20170109212422.jpg




もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる