キンドリングクラッカーを使ってみた

 以前から気になっていたキンドリングクラッカーを買って、使ってみました。
焚き付け用の小割の薪づくりには結構苦労をしていましたので、思い切って購入しました。

デザインも如何にも使えそうな感じです。
驚くことに、これを思いついたのは10代のニュージーランド人女性らしいです。


■ キンドリングクラッカーを固定

薪割台にボルト2本で、しっかりと固定

IMG_5309_convert_20170710214916.jpg IMG_5310_convert_20170710215003.jpg


■ 割ってみる

節が無い大割のカシの薪を載せて、鉄鎚で叩く!

IMG_5311_convert_20170710215111.jpg IMG_5319_convert_20170710220004.jpg

2cmほど歯に食い込んだところで、それ以上進まなくなる
鉄鎚で叩くと一瞬喰い込みが深くなるが、また戻るという繰り返しで、進まない!

IMG_5312_convert_20170710215143.jpg IMG_5313_convert_20170710215200.jpg

そこで、鉄鎚の代わりにグレンスフォルシュの斧で、叩くと何とか割れてくれました。

IMG_5315_convert_20170710215245.jpg IMG_5314_convert_20170710215224.jpg

細い薪は、鉄鎚で割れてくれました。

IMG_5319_convert_20170710220004.jpg IMG_5322_convert_20170710215449.jpg

このサイズは無理でした。
玉の樹種は山桜ですが、上のリングにギリギリ入る大きさ、
ハンマーでいくら叩いても、跳ね返されるばかりで、全く刃が立ちません。

IMG_5288_convert_20170710215039.jpg

今回の使用での感想としては、
「節無しの小割の薪を使う分には、楽しく簡単に細割の薪をつくるくとができる」
ということになります。
「節無しの小割の薪」でない場合にどの程度、使えるかが気になるところですが、いろいろと試してまた報告したいと思います。


■ 樹種不明の玉はやはりクスノキか?

ネットによると、薪に割ろうとするとクスノキはケヤキのように、糸が絡んで割れにくいらしいが、この玉はそうでもない、
しかし、節有りのせいか、結構割りにくいので、クサビを使う羽目に

前の記事でも書いたが、クサビを使う薪割は楽しくないし、大きな金属音がするので近所迷惑!
しかも、割った薪はとてもクサイ!!

ということで、とりあえずこの玉はクスノキだという結論にします。


IMG_5286_convert_20170710215737.jpg

IMG_5280_convert_20170710215522.jpg IMG_5282_convert_20170710215601.jpg

IMG_5283_convert_20170710215637.jpg IMG_5285_convert_20170710215718.jpg



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。
スポンサーサイト

全く楽しくない薪割りでした

伐って間もないコナラとカシでしたので、斧を使っての薪割りを楽しめると思っていたのですが、甘かったです。


■ 一ヶ月前にゲットした玉

主にコナラとカシの大玉をゲットしたのが約一ヶ月前
今回その大玉を手割りしたのですが、思いの外難渋しました。

IMG_5149_convert_20170522192304.jpg IMG_5158_convert_20170522192331.jpg

■ 使ったのは斧とクサビ

出来れば、斧1本で割りたかったのですが、コナラもカシも思いの外割りにくく、苦労しました。
直径が40cm平均と大玉ということもありましたが、隠れ節が意外と多くて、クサビ無くしては割ることはできませんでした。
2本のクサビを金づちや斧で叩いて、やっと割れるという感じです。
ひとつの玉に30分くらいかかることも多くて、全く楽しくない、薪割りとなりました。

IMG_5271_convert_20170626205451.jpg IMG_5272_convert_20170626205640.jpg

■ 出来た薪

途中経過が無くて恐縮です。

薪の木口に斧の痕がたくさん付いているのが、悪戦苦闘を物語っています。
割れ目が波型になっているのもその証です。

IMG_5268_convert_20170626210030.jpg IMG_5267_convert_20170626210053.jpg

これまでカミキリムシの幼虫には苦労させられましたので、今回の薪割りでは樹皮を剝きました。
コナラの樹皮は焚き付けに使えそうでしたので、乾燥させて使います。

IMG_5261_convert_20170626210124.jpg IMG_5262_convert_20170626210531.jpg


■ 樹種不明の玉

試に割ってみると、比較的割りやすいのですが、軽くて火持ちは悪そうです。
依然として、樹種は不明です。

IMG_5266_convert_20170626210457.jpg IMG_5264_convert_20170626210202.jpg

IMG_5265_convert_20170626210225.jpg IMG_5263_convert_20170626210430.jpg


もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

Wood Job!を体験

 縁あって、近くの雑木林の伐採に同行させていただきました。

ベテランの方のお手伝いというかたちでの参加でしたが、指導を受けながら何本かの伐採を担当させてもらいましたので、有意義な活動となりました。

還暦を過ぎてのWood Jobのデビューです。


■ 鬱蒼とした雑木林

この雑木林は江戸時代に農用林として開発された人工林でしたが、最近は農用林としての使命は終え、多くは手付かずの状態となっております。

この林の樹種は山桜が多く、そのほかコナラとカシが少々です。

IMG_5237_convert_20170618204018.jpg IMG_5240_convert_20170618204042.jpg

IMG_5241_convert_20170618203853.jpg IMG_5244_convert_20170618203927.jpg

IMG_5243_convert_20170618203959.jpg IMG_5245_convert_20170618204102.jpg


■ 私が伐った切り株と本日の収穫

この切り株は私が担当した山桜です。
直径は30cm程でした。

右側が受け口、左側が追い口、真ん中がツルです。
これはうまく行きました。

IMG_5246_convert_20170618203750.jpg IMG_5247_convert_20170618203812.jpg


■ 自宅に持ち帰り

持ち帰ったのは20cmクラスのカシが、40玉と山桜が少々でした。
本日の伐採のメインの山桜は製材に廻すとのことでした。

IMG_5251_convert_20170618203643.jpg IMG_5253_convert_20170618203513.jpg

薪棚には、先日ゲットしたコナラを割って、薪にしてありますので、横のウッドデッキの上に仮置きしました。
今日のカシの玉で、半月ほどの薪になると思います。

IMG_5255_convert_20170618204202.jpg IMG_5257_convert_20170618203722.jpg




もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

原木情報は突然に!

ご近所にお住まいのダンナさんから、情報をいただいたのが日曜日のお昼ころでした。
聞くところによると、車で20分くらいのところで林の伐採があり、ヒノキが大量にあるとのこと、
もし、薪に使えるのであれば自由に持ち帰っても良いということでした。

よく聞くと、ヒノキ以外の木もあるらしいので、とにもかくにも現場に行ってみることにしました。


■ あったのはヒノキの山積みと広葉樹の山積み

ヒノキには目もくれず、広葉樹の原木の山を早速、品定めすると・・・
極太の丸太の下に中小の丸太が混ざって積んである状態で、ひとりで作業するには困難な状況が判明・・・
しかし、今日を逃すと明日にはすべて処分をするのとことで時間がありません。

しかも、広葉樹と言っても樹種が良くわからないものが多くて、困りました。

IMG_5141_convert_20170522192132.jpg IMG_5142_convert_20170522192111.jpg

IMG_5143_convert_20170522192153.jpg


■ 玉切り

そんな山積みのなかに、玉切りすれば持ち出せそうなコナラと樫の木を見つけて、チェンソーを振り回す私
マイチェンソーのバーの長さは45cmですが、それ以上の直径のものもあり苦労しつつも、なんとか50玉ほどを切り出したのでした。

IMG_5145_convert_20170522192211.jpg IMG_5146_convert_20170522192226.jpg

ソーチェンはデプス調整もして、丁寧にヤスリ掛けしておいたおかげで気持ちよく切れました。
切子の形のまあまあでしょうか?

IMG_5147_convert_20170522192246.jpg


■ 持ち帰り

季節外れの猛暑の中、汗だくになながらも、とにもかくにも50玉ほどを切り出し、軽トラに積んで持ち帰りです。
水分をたっぷりと含んだ直径40~50cm、長さ40cmほどの玉は無茶苦茶重く、還暦の私にはツライものがありましたが、なんとか無事に軽トラに積み込み持ち帰りました。

来年の冬用の薪棚の1/4あまりを補充することが出来ました。
ありがたいことです。

IMG_5149_convert_20170522192304.jpg IMG_5159_convert_20170522192446.jpg

コナラの玉は20ほどありました!

IMG_5160_convert_20170522192348.jpg

これはカシだと思いますが、間違いないでしょうか?
これがやはり20玉ほど

IMG_5161_convert_20170522192404.jpg 

この玉の樹種が不明です。
10玉ほどあります。
枝分れが無く真っ直ぐだったので、玉切りしたのですが、何の樹でしょうか?
クスノキでないことを祈ります。

IMG_5162_convert_20170522192422.jpg



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

こんな薪はイヤダ!!

農業クラブの畑にあった大きなケヤキを伐採し、そのすべてを薪としていただいたのですが、2年を経過して悲惨な状態になっていました。


■ 悲惨な状態のケヤキ薪

薪棚にある薪はこんな風に粉まみれ、
皮を剥ぐとご覧の通り、
カミキリムシが縦横無尽に大活躍した痕がくっきりと残っていました。
それに加えて、蜘蛛の巣がいっぱいあって、蜘蛛の子が這い回っていました。

今シーズンはそんな薪をデッキに置いて、直接ストーブに放り込んでいたのですが、粉は落ちるし蜘蛛は這いだしてくるで、悲惨な状態でした。

IMG_4275_convert_20161212223527.jpg IMG_4276_convert_20161212223559.jpg

■ 黙々と掃除

とうとう耐えられずに、ブラシとエアースプレーで、徹底的に掃除しました。
出来る限り皮を剥がして、皮の下を掃除するという、とんでもなくメンドクサイ作業を、黙々と続けたのですが、1日かけて掃除できたのは約1週間分で、今後も掃除は続きます。

IMG_4274_convert_20161212223637.jpg IMG_4273_convert_20161212223813.jpg

掃除が終わった薪は小型のメタルラックに積んで、出番を待ちます。

IMG_4277_convert_20161212223705.jpg IMG_4280_convert_20161212223739.jpg

■ ストーブの横に

なんとか室内の薪置き場における状態になり、ストーブの横の薪置き場に少量を置きました。
粉はもう落ちないのですが、小さい蜘蛛の子が付いている可能性があるので、必要最小限にしました。

IMG_4281_convert_20161212223840.jpg IMG_4282_convert_20161212223900.jpg



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる