原木情報は突然に!

ご近所にお住まいのダンナさんから、情報をいただいたのが日曜日のお昼ころでした。
聞くところによると、車で20分くらいのところで林の伐採があり、ヒノキが大量にあるとのこと、
もし、薪に使えるのであれば自由に持ち帰っても良いということでした。

よく聞くと、ヒノキ以外の木もあるらしいので、とにもかくにも現場に行ってみることにしました。


■ あったのはヒノキの山積みと広葉樹の山積み

ヒノキには目もくれず、広葉樹の原木の山を早速、品定めすると・・・
極太の丸太の下に中小の丸太が混ざって積んである状態で、ひとりで作業するには困難な状況が判明・・・
しかし、今日を逃すと明日にはすべて処分をするのとことで時間がありません。

しかも、広葉樹と言っても樹種が良くわからないものが多くて、困りました。

IMG_5141_convert_20170522192132.jpg IMG_5142_convert_20170522192111.jpg

IMG_5143_convert_20170522192153.jpg


■ 玉切り

そんな山積みのなかに、玉切りすれば持ち出せそうなコナラと樫の木を見つけて、チェンソーを振り回す私
マイチェンソーのバーの長さは45cmですが、それ以上の直径のものもあり苦労しつつも、なんとか50玉ほどを切り出したのでした。

IMG_5145_convert_20170522192211.jpg IMG_5146_convert_20170522192226.jpg

ソーチェンはデプス調整もして、丁寧にヤスリ掛けしておいたおかげで気持ちよく切れました。
切子の形のまあまあでしょうか?

IMG_5147_convert_20170522192246.jpg


■ 持ち帰り

季節外れの猛暑の中、汗だくになながらも、とにもかくにも50玉ほどを切り出し、軽トラに積んで持ち帰りです。
水分をたっぷりと含んだ直径40~50cm、長さ40cmほどの玉は無茶苦茶重く、還暦の私にはツライものがありましたが、なんとか無事に軽トラに積み込み持ち帰りました。

来年の冬用の薪棚の1/4あまりを補充することが出来ました。
ありがたいことです。

IMG_5149_convert_20170522192304.jpg IMG_5159_convert_20170522192446.jpg

コナラの玉は20ほどありました!

IMG_5160_convert_20170522192348.jpg

これはカシだと思いますが、間違いないでしょうか?
これがやはり20玉ほど

IMG_5161_convert_20170522192404.jpg 

この玉の樹種が不明です。
10玉ほどあります。
枝分れが無く真っ直ぐだったので、玉切りしたのですが、何の樹でしょうか?
クスノキでないことを祈ります。

IMG_5162_convert_20170522192422.jpg



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。
スポンサーサイト

こんな薪はイヤダ!!

農業クラブの畑にあった大きなケヤキを伐採し、そのすべてを薪としていただいたのですが、2年を経過して悲惨な状態になっていました。


■ 悲惨な状態のケヤキ薪

薪棚にある薪はこんな風に粉まみれ、
皮を剥ぐとご覧の通り、
カミキリムシが縦横無尽に大活躍した痕がくっきりと残っていました。
それに加えて、蜘蛛の巣がいっぱいあって、蜘蛛の子が這い回っていました。

今シーズンはそんな薪をデッキに置いて、直接ストーブに放り込んでいたのですが、粉は落ちるし蜘蛛は這いだしてくるで、悲惨な状態でした。

IMG_4275_convert_20161212223527.jpg IMG_4276_convert_20161212223559.jpg

■ 黙々と掃除

とうとう耐えられずに、ブラシとエアースプレーで、徹底的に掃除しました。
出来る限り皮を剥がして、皮の下を掃除するという、とんでもなくメンドクサイ作業を、黙々と続けたのですが、1日かけて掃除できたのは約1週間分で、今後も掃除は続きます。

IMG_4274_convert_20161212223637.jpg IMG_4273_convert_20161212223813.jpg

掃除が終わった薪は小型のメタルラックに積んで、出番を待ちます。

IMG_4277_convert_20161212223705.jpg IMG_4280_convert_20161212223739.jpg

■ ストーブの横に

なんとか室内の薪置き場における状態になり、ストーブの横の薪置き場に少量を置きました。
粉はもう落ちないのですが、小さい蜘蛛の子が付いている可能性があるので、必要最小限にしました。

IMG_4281_convert_20161212223840.jpg IMG_4282_convert_20161212223900.jpg



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

ソーチェーンのデプスを調整する

 暖冬ですねぇ。

しんしんと冷え込む冬を期待していたのですが、待っているうちに花粉が飛んで来ちゃいました。
ツライ季節のはじまりです。

あったかいせいで、薪の減り方がスローです。
そんな訳で、しばらくは薪活の必要は無さそうなのですが、急な薪情報にも対応できるよう、切れ味の落ちていたソーチェーンのデプス調整を行いました。


■ デプスゲージはスチール製を購入

チェーンソーを購入したアリュメールさんにでスチール製のデプスゲージを購入し、ついでにソーチェーンの研ぎ方を、1から教えていただきました。
早速切れ味を試したかったのですが、切るべき原木が無く、お預けです。

IMG_2797_convert_20160221212529.jpg IMG_2799_convert_20160221212703.jpg

IMG_2798_convert_20160221212635.jpg IMG_2800_convert_20160221212730.jpg




もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ。

GWはひたすら薪の作業でした

お久しぶりです。2週間のご無沙汰でした。

GWはバリ島へ行って来ました。妻と娘が!
私は、心置きなく自宅で薪作業を楽しんだという訳であります(泣)


■ クヌギの玉を割る

2月に回収してきたクヌギの玉を薪にしました。
すべて手割して、自宅への移動を含めて約二日の作業でした。

CIMG0562_convert_20150511210655.jpg CIMG0563_convert_20150511210751.jpg

CIMG0347_convert_20150211185629.jpg CIMG0569_convert_20150511210900.jpg

全部で薪棚2に1+1/3ほどの量になりました。
我が家の消費量で3ヶ月弱の量になります。

CIMG0588_convert_20150511211222.jpg


■ ケヤキの薪を自宅に持ち帰る

農場の大ケヤキを伐採し、薪割り機で割った薪は畑の脇に積んで置きましたが、2/3ほどを自宅に持ち帰りました。

自宅の北側と東側に低めに積んで、残りは次のシーズンまで畑の脇に置いていただくことに。
4ヶ月ほど畑の脇に置いた薪は土を被り、結構汚れていましたので、畑に残したくなかったのですが、家の周りに高く積むのもいやなので、妥協です。

CIMG0203_convert_20150115202114.jpg CIMG0567_convert_20150511210818.jpg
CIMG0575_convert_20150511210935.jpg CIMG0580_convert_20150511211128.jpg


■ 一昨年の薪の皮を剥ぐ

実はこの作業が一番大変でした。

樹種はケヤキとクヌギですが、雨に濡らしたせいか無関係か、樹皮の下に大量のカミキリムシの幼虫が住み着き、大量の木の粉を噴出していました。
あまりの汚さに、薪を1本づつ手斧で剥いだのでした。
本当にツマラナイ作業で、ウンザリです。

今年の薪には雨があまりかからないようにしたつもりですが、やはりカミキリムシの幼虫は付いてしまうのでしょうか?

CIMG0589_convert_20150511211247.jpg CIMG0590_convert_20150511211315.jpg

あっ、そうそう聞きましたよ、カミキリムシの幼虫が薪を齧る音を!
皮を剥ぐ前の薪に耳を近づけると、ピシッ、ピシッという音がするんです。ハッキリ聞こえるほどの大きさです。
最初は薪が乾く音だと思っていましたが、何かの情報で「カミキリムシの幼虫がいると齧る音がする」というのを思い出して、改めて耳を近づけてみると、今度はカリッ、カリッときこえるではありませんか!
薪の皮をすべて剥ぎ、改めて耳を近づけてみると、今度は音がしません。
間違いありません。あの音はカミキリムシの幼虫が薪を齧る音でした。

CIMG8048_convert_20131027214000.jpg

(この写真は今回ではなく1年前のものです。薪の皮が相当濡れています)



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ。

薪棚2の屋根を張替え

 今週末は農業クラブが所沢市小手指(こてさし)で毎年開催される”ハナミズキまつり”に出店したために、ガレージの作業はお休みです。

今回は、ガレージの棚と並行して作業をしていた、薪棚2の屋根の張替えをご紹介します。

■ Before

これは2年前の完成時の画像です。

薪棚2はトラックシートを屋根にするというちょっと変わったつくりでしたが、結果的に雨を防ぐには不十分でした。
見ての通り、この屋根には庇が全くありませんので、雨の度に薪の木口が濡れて、結果として木口に黒カビが付いて散々な状態でした。

CIMG7121_convert_20130331182600.jpg
CIMG7147_convert_20130421195649.jpg


■ After

張り替えたのは薪棚の屋根の定番的なポリカ波板です。
これで、木口が濡れずに済み、黒カビをサヨナラの予定です。

CIMG0547_convert_20150419231034.jpg CIMG0540_convert_20150412214052.jpg

CIMG0541_convert_20150412214407.jpg CIMG0548_convert_20150419231059.jpg



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ。

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる