FC2ブログ

丸い座面の鉄脚スツールを試作しました

 四角い座面と鉄脚のスツールが比較的好評でしたので、今度は丸い座面でスツールを作ってみました。


■ 完成写真

木の座面は知り合いの木工房から譲っていただきました。
中央部が窪んでいて、縁が丸くなっているオーソドックスな形状です。
材質は桜ですが、色が濃いのでブラックチェリーのように思います。
鉄脚は例によって、SUPERBLUEによる黒錆処理後にCRC5-56の塗布です。

IMG_6670_convert_20190206183826.jpg IMG_6667_convert_20190206183855.jpg

鉄脚と座面の固定については、少し凝りすぎのようにも思いますが、脚の下部を固定していないためにある程度の強度が保てるように考え、このような固定方法となりました。

IMG_6668_convert_20190206183913.jpg


■ 製作過程

使用した鉄の部品は脚本体の丸鋼と平鋼2種になります。
丸鋼と平鋼は溶接後の強度が高まるように丸鋼を切り欠いて、この切り欠きに平鋼が収まるようにしました。

脚が垂直かつ隣の脚と90度にならなければいけませんので、写真にあるようなやや複雑な冶具を作ったのですが、これが結構大変でした。
この冶具のおかげで、見苦しくない程度の精度を確保することが出来ました。

IMG_6639_convert_20190206183946.jpg IMG_6640_convert_20190206184005.jpg

IMG_6641_convert_20190206184051.jpg IMG_6645_convert_20190206184122.jpg

IMG_6647_convert_20190206184219.jpg

■ アイアンベンダー

丸鋼の曲げに使ったのは、中国製ベンダーです。
ネットショップで8,000円くらいだったと思います。
精度は期待できませんが、癖をつかめばそれなりに使えます。

同じように曲げても微妙に違いが出てきますので、修正をしながら角度を揃えました。
曲げすぎて戻し、戻しすぎて曲げるという作業の繰り返しで、結構今期が必要です。

IMG_3991_convert_20190209122717.jpg IMG_3992_convert_20190209122700.jpg



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。
スポンサーサイト

薪棚の引っ越し

今年最初の投稿になります。
最近はひと月に一回あるか無いかの投稿ですが、今年はもう少し頑張ろうと思いますので、よろしくお願いします。

今年最初の作業は薪棚の引っ越しになりました。
自宅庭には2棟の薪棚がありまして、満載で2シーズンちょっとの薪を積めるのですが、そのうちの1棟を引っ越ししました。


■ 解体

薪棚にしては、頑丈すぎるくらいに重厚な作りですが、比較的簡単に解体することが出来ました。
ただし、コーススレッドは錆びついているものが多くて、頭がちぎれたりナメてしまったりで、力ずくの解体を余儀なくされた箇所が多々ありました。

IMG_6594_convert_20190114230231.jpg IMG_6607_convert_20190114230348.jpg

IMG_6603_convert_20190114230318.jpg IMG_6613_convert_20190114230425.jpg


■ 再組み立て

引っ越し先は近所の知人宅の敷地内です。
広大な敷地の一角をご厚意により、お借りすることが出来ました。
私の自宅からは車で約5分の距離にあります。

基礎はジモティーで無料で調達したコンクリート平板を使いました。
このコンクリート平板の上に枕木を置いて、その上に薪棚を復元しました。

IMG_6617_convert_20190114230447.jpg IMG_6619_convert_20190114230547.jpg

屋根はオンデュリンだったのですが、より乾燥しやすくなるようポリカの波板に変えました。

IMG_6623_convert_20190114230513.jpg IMG_6625_convert_20190114230655.jpg


■ 薪棚の跡地

薪棚があった場所の後ろに見えるのが木工房とガレージ工房(右)です。
跡地には母屋と薪棚のあった場所の間に屋根をかけて、床には板を張って、多目的な用途のスペースにする予定です。
なお、壁は付けないつもりです。

多目的スペースの増築作業はゆっくりとやって、GWの10連休までには完成させる予定です。

IMG_6636_convert_20190114230734.jpg IMG_6633_convert_20190114230809.jpg



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

ふるさと納税の話

 今月12月は2018年分ふるさと納税の最終月ということもあって、代行業者によるテレビCMが盛んに流れています。
聞くところによるとふるさと納税の全体額の15%程度が、これらの代行業者に流れているらしい。15%という数値がもしかしたら違うかもしれませんが、要するに大きな金額がここで消費されているということです。 代行業者の存在がなければ、ふるさと納税はここまで流行らなかったと思うので、これは仕方ないですね。

 これまでふるさと納税については、個人的には反対の立場で、私自身も経験がないのですが、「コンビニ店の利益の大半は本社が吸い上げ、税金は本社のある東京に落ち、実際に利益を生み出しているコンビニ店の所在地の地方にはほとんど落ちない」という事実があるということを聞き、今では肯定的なほうに傾いています。

そんななか、マイ工房の製品が縁あって埼玉県三芳町のふるさと納税返礼品に採用されました。埼玉県三芳町のことはほとんど知られていないと思うのですが、少し前1週間燃え続けたアスクルの倉庫がある場所で、また”あの”元モーニング娘の吉澤ひとみさんの出身地でもあります。
三芳町を中心に広がる農用林から伐り出された木材を使った家具という名目での採用です。


■ 三芳町のふるさと納税返礼品に採用された鉄脚スツール

無垢の鉄丸棒をコの字に曲げ、6本の角材を載せたシンプルなものです。
木材の樹種はヤマザクラとクリの2種類で、提供台数は合計で7台です。

P1250045_convert_20181226213347.jpg P1250092_convert_20181226213307.jpg

P1250072_convert_20181226213440.jpg P1250085_convert_20181226213508.jpg

楽天市場のふるさと納税のコーナーに登録されたのは4月ころで、最近までは全く注文が無かったのですが、12月に入り急に数台の注文が入り、ビックリしています。
改めてふるさと納税が広がりをみせているのを実感しました。



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

2シーズンぶりの煙突掃除は煤が大量に出ました

 煙突掃除は毎年するのが原則とは判っていましたが、
昨年は、2年でどれだけ煤が付くのかを確かめたいという不純が理由でパスしました。
今回2シーズンぶりの煙突掃除となりました。


■ 屋根に上がるのが一苦労

2階の屋根にはウッドデッキの屋根にハシゴを掛けて登るのですが、このハシゴを掛けるのがかなり面倒です。
まずウッドデッキの屋根に掛けたポリカ製波板を外し、
屋根の垂木とハシゴの根本を固定し、2階の屋根の破風板とハシゴの上部をネジ止めします。
とても大変ですが、ハシゴが外れる危険性が無くなるために、安心して作業が出来ます。

IMG_6584_convert_20181209182806.jpg IMG_6586_convert_20181209182834.jpg

IMG_6582_convert_20181209182900.jpg IMG_6580_convert_20181209182925.jpg


■ ブラシでゴシゴシ

我が家の煙突は室内がシングルで、屋根上がダブルという組み合わせです。
ブラシを上から入れると、ダブルの部分は比較スムーズに通過しましたが、
先端のブラシがシングル部に到達するとかなり大きな抵抗を感じました。
やはり、シングル部に煤が多目に付いているようです。

でも、比較的簡単に煤は落ちてくれて、煤落しはあっという間に完了です。

IMG_6577_convert_20181209182959.jpg IMG_6576_convert_20181209182944.jpg

IMG_6579_convert_20181209183039.jpg IMG_6578_convert_20181209183019.jpg


■ 大量の煤

薪ストーブの内部に落ちた煤をかき出すと、レジ袋一杯に煤が・・・
中華ドンブリに1杯半くらいあると思われます。

量は多いものの、サラサラでしたので、状態は悪くは無いと思います。
白い帯状のものは触媒の周りに巻くパッキンです。

IMG_6588_convert_20181209183059.jpg IMG_6589_convert_20181209183114.jpg



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

今年最後のイベント出店

11月末の連休の週末に、地元川越市で開催されたイベントに出店しましたので報告します。

イベント名は「さんとめの木をいかす会」という名称です。
「さんとめ」を漢字で書くと「三富」で、江戸時代の初期に柳沢吉保が川越城主だった時代に、農用林として植林された平地林から伐り出された木材を活用して作った木工品を展示販売するという催しです。


■ 展示の様子

今回はデスクに置くもの、食卓に置くものをメインに展示販売しました。

IMG_6550_convert_20181203215927.jpg IMG_6563_convert_20181203220131.jpg

室内の展示ですので、100V電源が使えましたので、テーブルランプの展示も行いました。

IMG_6553_convert_20181203220015.jpg

今回はカミさん作のランチョンマットや布コースターも出品しました。

IMG_6556_convert_20181203220033.jpg IMG_6559_convert_20181203220245.jpg

この布コースターは川越・蔵の街にある鉄板焼きやさんにあったものをパクリました。
なかなか良いセンスです。

IMG_6560_convert_20181203220302.jpg

今回新作の鍋敷きを2品出品しました。
五角形の木製と四角の枠にペーパーコードを巻いたものの2種類です。
五角形ものが良く売れました。

IMG_6558_convert_20181203215950.jpg IMG_6557_convert_20181203220059.jpg


■ 初めてのワークショップを実施

このイベントは昨年も出店しましたが、製品の売れ行きはいまひとつでしたので、今年はワークショップを行いました。
テーマは上に紹介したペーパーコード巻きの鍋敷きです。

少し難易度が高いので、「オトナのワークショップ」としました。
これがプチヒットで、完売となりました!
そもそも、そんなに売れると思っていませんでしたので、用意したキットも少なかったのですけどね。

骰区聞縺晃S譯亥・_convert_20181203221127

左の写真がサンプルで、左側がペーパーコード巻きで、右側が麻紐巻きです。
オトナ向けとしていましたが、小学校低学年と思われるの男の子が
どうしてもやりたいというので、トライです。(右の写真)

やはり、「紐を引っ張りながら巻く」というのが、なかなかできずに、紐はユルユルです。
男の子は「見本のようにできなかった!」悔しがっていましたので、
「同じように出来てしまったらオジサンの立場が無いんだよ!」と言ってやりましたよ(笑)

IMG_6564_convert_20181203220144.jpg 骰区聞縺晃S_convert_20181203220215



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
2000年9月に開始した母屋のハーフビルドに引き続き、工房やガレージをセルフビルドしました。
セルフビルドは失敗も多いですが、本当に楽しいです。
次は木工雑貨とアイアン雑貨の商品化にチャレンジします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる