FC2ブログ

雑貨ショップが「キットハウス'19-'20」で紹介されました!

 縁ありまして、人気のログハウスとキットハウスを多数掲載した「キットハウス'19-'20」(大誠社刊)に、当工房と雑貨類を紹介していただきました。

■ 表紙

キットハウス表紙


■ 記事(4ページ)

IMG_6772_convert_20190422223809.jpg
IMG_6775_convert_20190422223657.jpg


■ ネットショップ(BASE)

 実は、工房で作成した雑貨類は各種イベントでの対面販売の他、ネットショップ(木と鉄の創作工房 GASING)で販売しておりましたが、実は宣伝を怠っておりまして、ほとんど開店休業の状態でした。
この機会に販売に本腰を入れるつもりです。

まずはキットハウスへの紹介記事掲載を記念しまして、BESEショップで商品を購入していただいたお客様に、新製品の「鍋敷き」をサービスすることにしましたので、よろしかったらご利用ください。

■ サービス品の「鍋敷き」

この鍋敷きは三角形に組んだ木枠(ウォルナット、チェリー、ナラ)にペーパーコードを巻いたものです。
サイズは木枠の1辺が約130mmで厚みが約18mm(ペーパーコードを含む)です。
ちょっと小さめですが、アヒージョに使うスキレットなどに最適だと思います。

IMG_6776_convert_20190422223350.jpg IMG_6777_convert_20190422223407.jpg

ネットショップはこちらのリンクからどうぞ
 ↓↓↓
木と鉄の創作工房 GASING




もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。
スポンサーサイト



薪の原木を大量にゲット その2(薪割り)

 先日ゲットした軽トラ6台分の原木を、早速やっつけました!
移設した薪棚に5台分を収納し、母屋の横に1台分を積みました。

■ 格闘の成果

今回の原木はクヌギ、コナラ、ヤマザクラ、カシですが、割合はだいたい6:2:1:1とクヌギメインでした。
クヌギはとても割り易いかったので、全体的には割とラクチンでした。
コナラとヤマザクラは節ありが多くて、やや苦労しました。

薪棚の左半分は”大割り”(拡大写真)、で右半分が”中割り”としました。
”大割り”はおススメできないという意見が多いのは知っていますが、私としては”大割り”がある程度あるほうが使い易いと思っています。薪ストーブとの相性も関係しているかもしれません。

IMG_6726_convert_20190407065419.jpg IMG_6716_convert_20190407071103.jpg

積んだ後、デコボコをハンマーで、ツライチにして完了です。
右下の写真は柿の原木で、薪に使ってほしいと言われて割ろうとしましたが、全然割れる感じがしないため断念です。
乾いていたせいでしょうか?

IMG_6723_convert_20190407070128.jpg IMG_6725_convert_20190407065457.jpg

こちらは薪棚に収容できなかった軽トラ1台分の薪です。
屋根とかシートとかをしないで、1年間はこのままに放置しようと思っています。

IMG_6737_convert_20190407065545.jpg IMG_6738_convert_20190407065612.jpg


■ 使った斧

私が持っている大型斧は2本です。
1本目がバーモンターでしたが、クセのある原木に苦労することが多くて、高価ですが評価の高かったグレンフォルシュを買いました。グレンフォルシュはやや重いですが、割り易さはバーモンターをはるかに凌ぎます。
バーモンターは割れにくいですが、やや軽量(ヘッド2.5Kg)で、狙いが付けやすいので、細くて節のない原木に使っています。

IMG_6740_convert_20190407065707.jpg IMG_6742_convert_20190407065727.jpg


もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

薪の原木を大量にゲット その1

 久々の大々的な薪活の報告になります。
最近、知り合いとか近所の人から、薪の原木を譲っていただいていて、少量づつ確保していたのですが、再来年以降の薪を確保する必要性が出てきました。
そんな折、タイミングよくチャンスに恵まれました。


■ 近所の雑木林

自宅すぐ近くにある雑木林の木を伐採していましたので、すぐに薪用に譲っていただけないかを交渉しました。
すぐにOKで、好きなだけ持って行って良いとのこと。
有難いです。
実はこの雑木林、4年ほど前にも大量に原木をいただいておりますので、二度目となります。

樹種はクヌギがメインでコナラ、ケヤキ、カシ、ヤマザクラが少々です。
幸い樹種は選び放題なので、ケヤキは遠慮してコナラとヤマザクラ、カシを優先しつつもメインはクヌギでした。

IMG_6696_convert_20190403090032.jpg IMG_6698_convert_20190403090142.jpg


■ クヌギの皮むき

クヌギは割り易いのですが、カミキリムシが付くと樹皮が厚い分、大量の木粉が発生し、とても汚く厄介です。
そこで、試しに皮むきにトライしてみました。

まず、タガネ
割と簡単に剥けてくれましたが、それでも一玉あたり10程度かかります。それと剥いた皮の処分の必要もあるので、全数を処理するのはあまり現実的ではありません。
IMG_6702_convert_20190403090207.jpg IMG_6703_convert_20190403090226.jpg

次にチェンソーで
この方法はベテランの薪ハンターがやっているのを見て、試しました。
この方法ですと、一玉で約5分で済みます。
しかし、皮だけでなく木部も一部落とすこととなり、有効活用という面でやや後ろめたさがあります。
IMG_6704_convert_20190403090245.jpg


■ 棚に収納

伐り出した玉は1月に自宅から移設した薪棚に収納しました。
軽トラで5杯分あります。
我が家の消費量では1シーズン+1ヵ月になります。

IMG_6706_convert_20190403090309.jpg IMG_6710_convert_20190403090336.jpg

IMG_6714_convert_20190403090426.jpg




もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

丸い座面の鉄脚スツールを試作しました

 四角い座面と鉄脚のスツールが比較的好評でしたので、今度は丸い座面でスツールを作ってみました。


■ 完成写真

木の座面は知り合いの木工房から譲っていただきました。
中央部が窪んでいて、縁が丸くなっているオーソドックスな形状です。
材質は桜ですが、色が濃いのでブラックチェリーのように思います。
鉄脚は例によって、SUPERBLUEによる黒錆処理後にCRC5-56の塗布です。

IMG_6670_convert_20190206183826.jpg IMG_6667_convert_20190206183855.jpg

鉄脚と座面の固定については、少し凝りすぎのようにも思いますが、脚の下部を固定していないためにある程度の強度が保てるように考え、このような固定方法となりました。

IMG_6668_convert_20190206183913.jpg


■ 製作過程

使用した鉄の部品は脚本体の丸鋼と平鋼2種になります。
丸鋼と平鋼は溶接後の強度が高まるように丸鋼を切り欠いて、この切り欠きに平鋼が収まるようにしました。

脚が垂直かつ隣の脚と90度にならなければいけませんので、写真にあるようなやや複雑な冶具を作ったのですが、これが結構大変でした。
この冶具のおかげで、見苦しくない程度の精度を確保することが出来ました。

IMG_6639_convert_20190206183946.jpg IMG_6640_convert_20190206184005.jpg

IMG_6641_convert_20190206184051.jpg IMG_6645_convert_20190206184122.jpg

IMG_6647_convert_20190206184219.jpg

■ アイアンベンダー

丸鋼の曲げに使ったのは、中国製ベンダーです。
ネットショップで8,000円くらいだったと思います。
精度は期待できませんが、癖をつかめばそれなりに使えます。

同じように曲げても微妙に違いが出てきますので、修正をしながら角度を揃えました。
曲げすぎて戻し、戻しすぎて曲げるという作業の繰り返しで、結構今期が必要です。

IMG_3991_convert_20190209122717.jpg IMG_3992_convert_20190209122700.jpg



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

薪棚の引っ越し

今年最初の投稿になります。
最近はひと月に一回あるか無いかの投稿ですが、今年はもう少し頑張ろうと思いますので、よろしくお願いします。

今年最初の作業は薪棚の引っ越しになりました。
自宅庭には2棟の薪棚がありまして、満載で2シーズンちょっとの薪を積めるのですが、そのうちの1棟を引っ越ししました。


■ 解体

薪棚にしては、頑丈すぎるくらいに重厚な作りですが、比較的簡単に解体することが出来ました。
ただし、コーススレッドは錆びついているものが多くて、頭がちぎれたりナメてしまったりで、力ずくの解体を余儀なくされた箇所が多々ありました。

IMG_6594_convert_20190114230231.jpg IMG_6607_convert_20190114230348.jpg

IMG_6603_convert_20190114230318.jpg IMG_6613_convert_20190114230425.jpg


■ 再組み立て

引っ越し先は近所の知人宅の敷地内です。
広大な敷地の一角をご厚意により、お借りすることが出来ました。
私の自宅からは車で約5分の距離にあります。

基礎はジモティーで無料で調達したコンクリート平板を使いました。
このコンクリート平板の上に枕木を置いて、その上に薪棚を復元しました。

IMG_6617_convert_20190114230447.jpg IMG_6619_convert_20190114230547.jpg

屋根はオンデュリンだったのですが、より乾燥しやすくなるようポリカの波板に変えました。

IMG_6623_convert_20190114230513.jpg IMG_6625_convert_20190114230655.jpg


■ 薪棚の跡地

薪棚があった場所の後ろに見えるのが木工房とガレージ工房(右)です。
跡地には母屋と薪棚のあった場所の間に屋根をかけて、床には板を張って、多目的な用途のスペースにする予定です。
なお、壁は付けないつもりです。

多目的スペースの増築作業はゆっくりとやって、GWの10連休までには完成させる予定です。

IMG_6636_convert_20190114230734.jpg IMG_6633_convert_20190114230809.jpg



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
薪ストーブにあこがれてハーフビルドした母屋に続いて、工房やガレージをセルフビルドしました。
現在は工房で製作した木と鉄を加工した生活雑貨を製作し、販売をしております。
赤字続きですが、いつかは黒字化したいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる