FC2ブログ

「風の工房」つくります ~その30:収納部に抽斗をつくる(後半)~

 本当に暑いです!
この暑さのなか、ちょっと作業しただけで、熱中症になってしまいました。
不眠症のせいもありますが、いきなりの猛暑に体がついていけないようです。

ということで、今回の作業は最小限です。
前回の作業の続きで、収納部の抽斗づくりの完成他です。

抽斗は前板と塗装して、取っ手を付けて完成です。

IMG_7786_convert_20200810201729.jpg IMG_7785_convert_20200810201711.jpg

最下段の抽斗の下にはミシン台に付いていた小箱が捨てるのには惜しいので、この下に収納できるようにしました。
左側のスペースは左側から空気を取り込めるようにするために空けてあります。

IMG_7789_convert_20200810201802.jpg IMG_7799_convert_20200810201821.jpg


空気の取り込み口

前々回の作業で完成した仕切り壁の右側の最下部が、木材収納庫に空気を取り込むための入り口になります。
木材収納庫には乾燥中の板材も収納しますので、空気の取り込み口を作りました。

ここに使った板材は自然風化したものですが、木口などの切断した部分にはWeathered Wood Accelaratorを塗って、色合いを合わせ込みました。

IMG_7783_convert_20200810201359.jpg IMG_7798_convert_20200810201517.jpg

IMG_7791_convert_20200810201455.jpg IMG_7790_convert_20200810201426.jpg

仕切り壁の右側はニッチとなっていて、
中段にはミニコンポ(SONYの10年物をヤフオクで)を収納。

IMG_7793_convert_20200810201605.jpg IMG_7794_convert_20200810201629.jpg

最後にお気に入りのアングルで作業後の1枚

IMG_7800_convert_20200810201932.jpg



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。
スポンサーサイト



「風の工房」つくります ~その29:収納部に抽斗をつくる(前半)~

 長かった梅雨もようやく明けましたね。
しかし、新型コロナは依然として暮らしに暗い影を落とし続けています。
いったい何が正しくて、何が正しくないのか?
全然わかりません。
ただ感じることは、「感染者数発表」にまやかしがあるような・・・
発表しているのはPCR検査の陽性者であって感染者ではないですよね。
つまり、一時期感染者数が少なくなりましたが、検査をしていなかっただけで実は一貫して増えていたのではないかと・・・
現在重症者が少ないことで、現在首の皮一枚で助かっていますが、今後どうなるかとても不安です。

 さて、風の工房はいよいよクライマックスです。
今回は収納部の抽斗づくりを行いましたので報告します。

作ったのは計4台です。
材料はパレットを解体したマツ(側板、背板)と、ジモティーでいただいたナラ(前板)、それにお隣からいただいた合板(底板)です。

IMG_7773_convert_20200802201112.jpg IMG_7774_convert_20200802201145.jpg

接合はトリマーのアリビットを初めて使って行いました。
加工手順が判らずに時間がかかりましたが、なんとか収まりました。

IMG_7775_convert_20200802201206.jpg IMG_7776_convert_20200802201228.jpg

レールは左右の壁に溝を切った板を固定して、この溝に抽斗の両側に付けたレールを滑らせます。
この方法はちょっと手順がかかりますが、お金がかからないので私は良く使います。

IMG_7772_convert_20200802201344.jpg IMG_7771_convert_20200802201418.jpg

今回の成果
収納部の形状が少なからず歪んでいて調整に苦労しましたが、なんとか収まりました。
上下の前板の隙間を一定(1.5mmほど)にするのが、美しく見せるポイントですので、気を使いました。
取っ手の取付けと塗装は次回の予定です。

IMG_7763_convert_20200802202231.jpg IMG_7768_convert_20200802201756.jpg

IMG_7769_convert_20200802201852.jpg IMG_7764_convert_20200802201832.jpg



もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

「風の工房」つくります ~その28:内壁を張る(南壁2)~

今回は内壁の南側の右上に板を張りました。
これで、内壁張りはすべて完了です。

IMG_7754_convert_20200726203755.jpg IMG_7756_convert_20200726203820.jpg

ここは結果的にとてもユニークなものになりました。
もともと、ここには写真や小物を自由に飾れるようにしたいと思っていました。
そんなとき、ジモティーで無垢の栗の床材が格安で出品されましたので、迷わずゲットし、

IMG_7757_convert_20200726203940.jpg IMG_7758_convert_20200726203918.jpg

この床板の縁をハンガーに加工して、フォトフレームや棚板を自由な位置に取り付けられるようにしました。

IMG_7731_convert_20200726204510.jpg IMG_7759_convert_20200726204049.jpg

IMG_7751_convert_20200726204005.jpg IMG_7760_convert_20200726204113.jpg

床板の間には薄い板を挟んで、ハンガーとして使えるようにするとともに、色の合いのアクセントとします。
構造はこんな感じです。

IMG_7713_convert_20200726204155.jpg

挟み込む板の樹種と塗装については、いろいろと試した結果、
ナラ材にWeathered Wood Acceleratorという薬液を塗布して、灰色に変色させました。
樹種が松だとうまく変色しないですが、ナラではきれいに変色したので、オドロキでした。

IMG_7715_convert_20200726204218.jpg IMG_7716_convert_20200726204245.jpg

IMG_7717_convert_20200726204303.jpg IMG_7719_convert_20200726204326.jpg

IMG_7722_convert_20200726204348.jpg IMG_7724_convert_20200726204416.jpg

引き戸の長さが足りなくてオープンになっていた収納庫前は、これまたジモティーでガラス戸の付いた収納庫を手に入れましたので、これを加工して幅狭の引き戸を作って、クローズしました。
明るい色合いがちょっと浮いた感じですが、まぁ我慢ですね。

IMG_7737_convert_20200726204527.jpg IMG_7738_convert_20200726204543.jpg


もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

「風の工房」つくります ~その27:内壁を張る(倉庫仕切壁)~

今回は結果から

この壁は当初漆喰塗りの予定でしたが、パレット材を再利用した板壁に予定変更です。
販売用のサンプルとなります。
最下段、下段、上段の三段にしました。

IMG_7700_convert_20200719213600.jpg IMG_7698_convert_20200719213519.jpg

IMG_7699_convert_20200719213535.jpg IMG_7691_convert_20200719213331.jpg


<最下段>

長らく「雨ざらし」されていたと思われる材を使いました。
パレット材でこのようになるのは珍しいのですが、良い感じにグレーになった材が少量確保出来ました。
偶然ですが、床の材も同じくグレーに変色しており、マッチングしています。
ただし、このような材がパレットから採れるのは珍しいので、量の確保が難題です。

IMG_7704_convert_20200719213713.jpg IMG_7705_convert_20200719213731.jpg

<下段>

表面に軽くサンダーをかけただけの材で、クリアーのBRIWAXを塗りました。
表面には大径丸ノコのノコ目が残っているのですが、良く見えないですね。
これはちょっと失敗しました。

IMG_7706_convert_20200719213751.jpg IMG_7701_convert_20200719213620.jpg


<上段>

ちょっとおとなし過ぎましたね
一番力を入れたとこなのに、残念です。
バンドソーのノコ目の付いた板に白の塗料を塗った後、サンダーで表面を削ったのですが、下地の板が白っぽいのでうまく効果が出ませんでした。

IMG_7692_convert_20200719213352.jpg IMG_7695_convert_20200719213433.jpg

実は事前にブラウンのステインを塗った後に、同じ処理をしたのを試したのですが、ちょっと目立ち過ぎと思ってステインを塗らない方法を選んだのですが、結果を見ればこちらのほうが良かったですね。

IMG_7708_convert_20200720061327.jpg

これはステインを塗った後に、白の塗料をラフに塗ってブラウンの下地が見えるようにしたものです。
これもなかなか良い感じです。

IMG_7709_convert_20200720061344.jpg

この写真はツッパリ金具を固定するための疑似天井です。
ここには後で、2×4材を天井と床でツッパリ金具で立てて棚を作る計画で、おとなしい処理を選んでしまった原因はここにあります。
棚を作るということは何かを置いたり、飾ったりすることになりますので、後ろの壁が派手だとこれらが目立たなくなってしまうと思ったわけでした。


IMG_7707_convert_20200719213807.jpg




もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

「風の工房」つくります ~その26:内壁を張る(南壁1)~

南側の内壁は販売用の板材の見本となりますので、念入りに事前検討を行いました。

下半分は東側と同様に縦張りします。
ただしこちらはクラック塗装です。

クラック材はいろいろ試した結果、3種類を使いました。

1つ目は「アクアPIT」
写真では判りにくいですが、縦方向に細いクラックが出来ました。
クラックが縦方向に出来たのは、縦方向に塗っていったためと思われますので、横方法や斜め方向または円などのクラックも描けると思います。

評価:B
液状なので塗りやすく、ボトルタイプもあるのでコスト的には良いのですが、クラックの具合が今一つです。
しかし、もう少し試行錯誤をする価値があると思います。

IMG_7636_convert_20200712211109.jpg IMG_7643_convert_20200712211326.jpg

2つ目は「PTIハイパワー」のスティックタイプ
これも縦方向に塗りましたが、クラックは適度に、横方向にも入っていい感じです。
ターナーペイントのクラッキングメディウムと感じが似ています。

評価:A-
クラックの出来具合はとても良いですが、ペンキの塗り具合がちょっと難しい。
同じ場所で刷毛を2回、3回と動かすと、すぐダマになり、汚くなります。この傾向もターナーペイントのクラッキングメディウムと同じです。コスト的にはやや割高です。

IMG_7645_convert_20200712211559.jpg IMG_7651_convert_20200712211758.jpg

3つ目は木工用ボンド
薄めて塗るとクラックが出来ないので、薄めず塗りました。
指で触っても付かない程度に乾いてからペンキを載せる感じで塗っていきます。
時間をかけてゆっくりとクラックが出来て行き、最終的には太目のクラックになりました。

評価:C
ボンドは安いのですが、とにかく大量に使うのでそれほどでもないかも知れません。
クラックの出具合は太く直線的です。

IMG_7648_convert_20200712213052.jpg IMG_7654_convert_20200712211924.jpg

下準備として、クラックが判りやすいように墨汁を薄めて、塗っておきます。

IMG_7655_convert_20200712212021.jpg

これが「PITアクア」の結果

IMG_7660_convert_20200712212134.jpg IMG_7667_convert_20200712235037.jpg

これが、「PITスティック」の結果
IMG_7661_convert_20200712212959.jpg IMG_7672_convert_20200712213233.jpg

これが「木工用ボンド」の結果

IMG_7657_convert_20200712212853.jpg IMG_7673_convert_20200712213306.jpg

上部はベルトサンダー#60のかけた後、BRIWAXで仕上げました。
ちょっと、シャビー感が強すぎたかも・・・

IMG_7675_convert_20200712234919.jpg

IMG_7681_convert_20200712213429.jpg IMG_7683_convert_20200712213459.jpg

IMG_7685_convert_20200712213542.jpg IMG_7687_convert_20200712212552.jpg




もし、この記事がお気に召したら、応援のポチッを、それほどでもないと思われたら、スルーでどうぞ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村  薪ストーブに関する情報が豊富で、楽しいですよ。

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村  いろんな人の個性的なセルフビルドのブログが見られます。

来客者数

現在の来客者数

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

GASING

Author:GASING
薪ストーブにあこがれてハーフビルドした母屋に続いて、工房やガレージをセルフビルドしました。
DIYは一人でやっても、仲間と一緒にやっても楽しい一生続けられる趣味だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる